【本気の腸活/決定版】まじめに、ゆるく続く方法を伝授されました

「とにかくカンタンで、手間がかからないやり方がいいです。」

こんな思いを持ってる方におすすめしたいのは、1周も2周も回ってやっぱり、「ヨーグルト+食べる糀甘酒」の組み合わせです。

これは、創業当初から続けて頂いてるお客様からの共通した声です。

まじめに、ゆるく続けるのが一番らしいです。

ヨーグルトに「食べる糀甘酒」をのせただけ

✓ いつ食べたら良いですか?

朝でも、昼でも、夜でも大丈夫です。

基本的にはいつでもOKです。

ただし、糀甘酒は100%お米由来なので、それなりにカロリーがあります。

食べすぎたりすると太る原因にもなります。

ただ、少量(大匙1~2程度)であれば特に気にするほどのカロリーではないです。

少量なら夜でもアリですね。

むしろ【不眠】に効果的とされ、安心成分と言われるGABAも多く含まれているので、目的や考え方次第です。

朝派の人にもメリットあります。

糀甘酒には、脳の栄養になるブドウ糖も多く、「朝から気持ちをいれたい!」と思う方にとっては貴重な応援フード的存在です。

どれくらい楽にできますか?

ヨーグルト+糀甘酒の場合ですが、1分以内に準備できます。

ブルガリアヨーグルトやR1、ビヒタスなど、超定番のヨーグルトで無糖タイプであれば何でもOKです。

いつもの器にヨーグルトを入れて、その上に糀甘酒をのせるだけです。

特にどうすればいいのか考えることもなく、「まずはヨーグルト、次に糀甘酒」という感じでチャチャッと準備できます。

忙しい朝だからこそ、

効率よく動いて、カンタンに「本気の腸活を」に1分だけまわしてください。

✓どれくらい食べればいいですか?

ペースや食べれる量は人それぞれなので基本は自由です。

あくまでも目安としての分量です。

1日分 /大匙1~2(約30g)

普段使っているスプーンでいうと、ちょっとだけ山盛りにした感じで1~2杯です。多すぎず、少なすぎずの量です。

合わせるヨーグルトの量は糀甘酒と同量で。

甘味と酸味のバランスのちょうどいい具合を見つけて、続けてみてください♪

✓フルーツでアレンジすると味変に

食べる糀甘酒は、砂糖とは全く違う米由来の違うフワッとしたまろやかな甘さです。

奥ゆかしい感じなので、どのフルーツにもマッチします。

上写真のようなバナナやイチゴはもちろん、オレンジ、キウイ、ぶどう、りんご、マスカットなど、あらゆるフルーツのトッピングができます。

また、ナッツ類を入れてもOKです。

バリエーションが無限にありますので、気分や体調によって変えながら楽しむのも続けられる秘訣です。

よかったらシェアしてください!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!