ビジョン

陰の時代へ

陰陽の考え方では、
‎太陽と月、西洋と東洋、今と昔、大と小、表と裏など。
世の中は二つの対極的なものの絶妙なバランスでできています。

私たちは、
これからゆっくりと「陰の時代」になると私たちは考えています。

経済の高成長を背景に、
陽(より大きく、より高く、より速く)が「豊かさの象徴」とされ、
それはそれで良かったのがこれまでの時代だとすると、

これからは陰(より小さく、よりフラットに、より丁寧に)という時代に
少しずつシフトしていくでしょう。

コロナ禍という有事も重なって、
そんな時代の大変化を、
今まで以上に肌感覚で実感している人も多いはずです。

低成長時代と言われて久しい中、
人口が「増えるから、減るへ」、
経済が「成長するから、縮小するへ」。

陰陽バランスの摂理からすれば、
夏(陽)から冬(陰の季節)へとシフトするのと同じように、
当然の流れだと思っています。

「陰の極点」としての役割

2014年に移住し、今では生活&事業の拠点となっている
石川県の白山麓はまさに陰の場所です。

人口は減り続けている過疎地域ですし、
冬は晴天続きの太平洋側の正反対で、悪天続きの豪雪地帯です。

そもそも裏日本と呼ばれている地域であり、
いわゆる「暗くて、陰気が漂う地域」です。

日本三名山の一つでありながら、
富士山や立山より知名度も低く登山者も少ない白山にいたっては、
「陰の極点」としても知られており、陰の象徴的な場所です。

そんな場所になぜ移住したのか?

なぜこの事業をはじめるようになったのかについては、
合理的な説明ができないのですが、後づけ的に考えると、
「陰の象徴、白山に導かれた」というのが正直な感覚です。

そんな直感を証明すべく、
これからの時代に受入れられることをやっていきます。

製造×宿泊の融合

・大きく広くよりも、小さく狭く。(大→小)
・男性目線から、女性目線へ。(男→女)
・都会から開疎へ(密の都市→現代的な山里)
・新しさから、古さの再評価(伝統の昇華)

製造では、伝統発酵食を現代に合う形にしています。
宿泊では、「最小単位の1日1組限定」にしています。

古いものも、小さいものも、どちらも「陰」です。
陰の側から、光が当たるようにするのが私たちの役割です。

描いた理想を実現するために、
私たちは、さまざまな「古いもの(陰)」を現代的に解釈してみて、
新しい時代に合った形に変えることで、
新しい豊かさを追求していきます。

大きく(陽)やらず、小さく(陰)やることに意義があります。

小さいこと、暗いことが悪いとは思わず、
光を当てるために必要なものだと思っています。

何でも揃う便利すぎて窮屈なことから脱却し、
「ここでしか価値を出せないもの」を通じて、
これから時代に合った豊かさを創る存在でありたいです。