白山鬼グルミ 1カ月分/1,000円

鬼グルミ 1カ月分/1日半個✕30個換算 1,000円’(税別)
ノース白山が提供する商品の目的は「日々の積み重ねとしての食養生」ですので、続けてもらうことを前提とした商品単位で販売致します。多忙でなかなか時間に余裕がない人でも10秒で栄養チャージが出来るということを考慮して、あえて「半個」を1単位としています。殻が堅すぎてなかなか割れない鬼グルミを割った状態でのお届けですので、すぐに食べることが出来ます。

中医学(薬膳・漢方)に見るクルミの凄み
・生薬名で「胡桃肉(ことうにく)」とも呼ばれており、古来から薬としても扱われていた。
・生命維持の源である「腎」の機能を維持・向上させ、疲労回復や下半身の冷え・衰えに良い。特に、昔からクルミを食べると足腰が強くなるとされており、高齢による足腰の衰えの予防にもなる。
・身体を内側から温める作用があり(補陽)、体全体の機能を高めてくれる。

西洋医学(現代医学)に見るクルミの凄み
・オメガ3脂肪酸の一つであるαリノレン酸の含有量が極めて多い。(ナッツ類でも群を抜くレベル)このαリノレン酸は、脳の情報伝達・思考・学習・認知・記憶といった機能のサポート役として力を発揮し、脳の細胞膜を柔らかくすることで脳全体の働きを活性化すると医学的研究で立証済である。
・食物繊維が豊富で便秘の解消につながる。
・代謝促進、血行促進に必要不可欠な良質なたんぱく質を多く含んでいること。

鬼グルミの欠点
・自生するものを誰かが拾わない限り手に入らず、安定供給できないこと
・口に出来るまでの手間が非常にかかること
・殻が堅すぎて、簡単には割れないこと。(割れずに諦める方多数)
・カロリーが極めて高いこと(100gあたり672kcal)

※カロリーがあること自体は欠点ではないが、ついつい食べ過ぎてしまうとかえって健康を害するほど高カロリーであるという点で欠点とした。

ノース白山で提供するのはクルミではなく、厳密には「鬼グルミ」となります。自然食品の店やスーパーなどに売っているクルミは、一般的に流通しているもので、正確には「西洋クルミ」あるいは「カシグルミ」と言います。パッケージ裏の原産国を見れば、アメリカ(カリフォルニア州)や中国と書いてあります。国産であれば、その多くは「信濃クルミ」といって、西洋クルミと在来品種を交配させた栽培物のクルミです。長野県が一大生産地となっています。鬼グルミは栽培されたものではなく自生しているクルミです。言い換えれば、人の手は全く加えられていません。古来より「水の神」として崇められており、多くの清流の源にもなっている白山の土壌で自然と育ったのがノース白山で扱う鬼グルミです。大きさは西洋グルミに比べ小さいのですが、もの凄く硬い上、厚さも驚くほどあるので簡単には割れません。
<食べるまでの手間のかかる工程>

食べて頂く方には、毎日半粒くらいがちょうど量であると勧めています。その代わり、「継続すること」を念頭に毎日の食習慣にして頂ければ、無理なく健康づくりを実践できます。

ご注文方法は⇒こちら