Conceptコンセプト

健康を「部分」としてではなく、心と体を「全体」として捉え、出来ることは全部やる!という姿勢で、ものづくりと宿泊・飲食をしています。

飲食店も唸った!

塩糀は知ってるけど、
しょうゆ糀っていうのあるのね。

商品名は、
「白山麓のしょうゆ糀」です。

意外なほど、
その存在が世に浸透していない
マイナーなしょうゆ糀。

なぜ流通しづらいのか?

つくるの大変。(製造コストかかる)
容器等に入れるの大変。(手間かかる)
販売も大変。(認知コストかかる)

いろんな大変なことを考えると、
手を出さないほうがマシ。
と、考える食品メーカーが多いのか、
その逆を行く私たちのしょうゆ糀は、
いい感じに浸透中。

★超がつくほど良いしょうゆを使用。
大豆・小麦・食塩のみでつくる、
純度の高いしょうゆです。
もちろん天然醸造。
同じしょうゆでも、サッカリンやら、
アスパルテームやら、アミノ酸等やら、
知らないほうが良かった添加物を
入れまくっている安価なしょうゆとは
次元が違います。

★酵素活性という新指標。
麹(米こうじの場合「糀」と書く)の質まで
こだわりぬいています。機械を使わず、
手仕事でつくる麹は、一粒の中の中まで、
麹菌が入りこみ、それが「酵素活性」に
つながります。
簡単に言うと、一番摂りたい「酵素」の
働きがすごいんです。
瓶やパックのラベルにも書けませんが、
書けないことこそ大事です。

★特別な方法でつくる。
純度が高く、質の高いしょうゆと麹を、
最も良い状態で混ぜ、
最も良い形で発酵させてています。
企業秘密とはこのこと。
強烈までに手間がかかる作業を経て、
しょうゆ糀が出来ます。

★加熱殺菌はもちろんしません。
発酵食でもはやタブー視される
加熱殺菌は当然ながらしていません。
酵素が死活したら
努力も無駄になります。

★値段に見合う価値を。
凝縮された白山のエネルギーを
食で体験するという価値を、
このしょうゆ糀て提供します。
他と比べれば高いですが、
比べる必要はありません。
唯一無二のしょうゆ糀ですから。

★飲食店で続々採用決定!
調味料としても使える、これ自体の
つぶつぶ感を楽しむおかずとしても使える!
という万能さを評価頂き、
飲食店でも続々と採用頂いております。
業務用としても対応可。

★どこで売ってるの?
<石川県内>
カジマートめいてつエムザ店
カジマート桜田店
カジマート長坂店(7月6日OPEN予定)
道の駅めぐみ白山
せせらぎ
オンラインストア

※最も多いのは直接注文です。
 ギフト等でも喜ばれています。

<神奈川県>
三河屋かみや 横浜CIAL ANNEX内
(2020.6.27新規OPEN)

お知らせ

お知らせ一覧