車で30分という距離感

私たちの拠点がある「白山市」の
紹介を少しだけ。

まずは読み方。
「ハクサンシ」です。
知らない方は「シラヤマシ」と読むことも多く、
知名度の低さを感じる瞬間です。

次に場所。
金沢市の隣と言えば
なんとなくイメージが湧くでしょうか。

白山市は面積が石川県内で最も大きく、
約754㎢あります。

東京23区が610㎢、
大阪市が223㎢であることを考えると、
面積だけは威張れるくらい大きいです。

ちなみに人口は約11万人。
一人あたりの面積が
どれだけ大きいかもお分かりでしょう。

いろんな「らしさ」がある
白山市ではありますが、
私の中で一番であると思うのは、
その「標高差」です。

日本三名山の一つである白山を頂点に
日本海までの標高差は約2700m。

標高2702mの白山がありながら、
一方では日本海にも面しており、
まさに「山も海もある場所」です。

ちなみに、
最も標高差のあるのは静岡県富士宮市で、
その差は約3400mですが、
海には面していないので、
白山市が地形的に
稀有な存在であることが分かります。

私たちの商品もあり、
普段の買い物でもよく行くJA白山では
その日に揚げられた日本海の魚も、
その日に採れた白山麓の山菜のどちらも
販売されており、
域外からの方からすれば
それ自体が珍しいと言います。

よく考えれば、
山の幸と海の幸が
同時に豊富にあること自体贅沢です。

ノース白山は
白山市のいわゆる「山麓エリア」である、
河内町(旧河内村)に位置します。

ここを中心に考えると、
日本海まで約25kmで車で30分、
業務提携先であり石川県の最も山奥に位置する
白山中宮温泉までも
約25kmで車で約30分、
さらには金沢市中心部までも
約25kmで約30分、
小松空港までも約25kmと車で約30分と、
海・山・街・空港の全てが
遠くもなく近くもない
”ちょうどいい距離”にあります。

車で1時間!と聞くと
ちょっと遠いイメージですが、
車で30分と聞くと
行きやすい距離に聞こえますね。

「不便な田舎は嫌だ!」と
切り捨てる人もいますが、
見方を変えれば、
「自然・食・街・交通」の全てにおいて
バランス感覚のとれた場所です。

普段とは違う感覚を
「車で30分」という距離の場所で
味わって頂ければと思います。

2021.07.23

PAGE TOP