News最新情報

「美味しい、へるしい、頼もしい」をテーマに掲げ、石川県白山麓から「食」の提案をしています。

庭も冬モードに

あれだけ生い茂っていた草木も、冬になるとびっくりするほど殺風景になる。落葉樹も多いので、紅葉が終わると一気に葉も落ち、冬の姿となる。この週末に庭の雪囲い(草木を雪から守る作業)を行った。金沢兼六園などの「雪吊り」をテレビで見たことがる人は多いと思うが、要は重い雪で枝が折れないようにすることである。プロの庭師がやるほどの大がかりなものでないが、庭にある約50本の木一本ずつロープを巻いた。アプローチには冬の寒さや、雪に弱い植物を避難させ、鉢植えは雪に埋もれない場所に移動した。

白山麓は四季がはっきりしているので、「冬は冬。寒い。雪が降る。そして積もる」と割り切っている。この地域の方は皆そうで、冬は冬らしく過ごすというのが鉄則だ。
とはいえ、商売は通年で、製造も出荷も納品も、そしてランチも宿泊も元気にやっている。冬はお客様が全くこない!?と思われがちだが、冬の白山麓もまた良しということでランチも宿泊もご予約を頂いており嬉しい限りだ。寒い冬だからこそ、五臓六腑に染みわたる心温かい料理や空間を提供したいと思う。

お知らせ

お知らせ一覧