News白山麓日和

#腸活#予防医療#発酵#アロマセラピー#ガーデニング#薬膳#ヘルスケア

カラダ強くするヨーグルト

業務提携させて頂いた森永宅配本舗様が扱う森永乳業の「カラダ強くするヨーグルト」。こちらと合わせる形で私たちの商品である「白山麓の糀甘酒」をご提案させて頂いております。写真は、イメージしやすいようにヨーグルトに糀甘酒を乗せた写真です。ちょうど1カップにおさまるような量です。

お客様から毎日どれくらいの糀甘酒を食べればいいの?という問い合わせをよく頂きますが、この「カラダ強くするヨーグルト」と一緒の場合には、写真のような量が適量と思って頂ければ大丈夫です。量にして大さじ1程度(25~30g)となります。日々その状態が変わる腸内環境を考えた時に、ヨーグルトや糀甘酒といった発酵食は「毎日続けること!」が最も大事であると言われておりますので、みなさん自身で「毎日続けられる量」を探りながら試して頂ければと思います。
ちなみにこの糀甘酒ですが、原材料は糀(麹)・米・水のみです。酒精も塩も添加物も全く入っていない完全無添加です。米由来の糀ですので、もちろんアルコールは0パーセント。お客様の中には赤ちゃんの離乳食としても使っていたただいているので、アルコールゼロの証明になるかと思います。

原材料についてより詳しく。糀の元となる米も・甘酒に使う米も、石川県白山市河内町産です。私たちノース白山の拠点もある場所であり「白山麓エリア」に位置します。石川県の中でも特に自然豊かな場所で、空気・水・土壌全てが素晴らしい場所です。日本三名山の一つであり、「水の神」として1300年以上崇められる白山の麓でその恩恵をダイレクトに受ける場所であります。「つくる人の顔が見える」という理由で身近なものを使っています。米は玄米五分づき米を使っています。玄米の良さもあり白米の良さも得られるようにするためで、糀甘酒になってもその繊維質が残っています。口あたりで気づかれる方も多いですが、「食べるタイプ」としての糀甘酒にしています。

つくる工程についてもより詳しく。(つくる工程に関してはあまり差がないと思われがちですが、原材料以上に「差」になると思っています)
甘酒ができるまでに全ての工程で伝統的手作業で大事にしており、その結果「酵素活性」が高いものとなっています。糀自体を機械でつくったり、安価な方法でつくったりするのではなく、「活きたコウジ」を大事にしたやり方を貫いています。「活きたコウジ」は長持ちしません。保存には冷蔵or冷凍が必須です。ここも一般的な甘酒と違う点で、冷蔵(5℃以下が理想)の場合は3週間、冷凍の場合では約2~3ヵ月の賞味期限となります。
「飲む点滴」と言われるほど圧倒的な栄養価のある甘酒を、ヨーグルトに合うようにして「食べる点滴」となるようにしたのがこの「白山麓の糀甘酒」です。腸内環境を良くしたい!健康になりたい!というお客様の期待に応えられるよう、私たちも半端ない手間をかけて一つずつ作っていきたいと思います。

お知らせ

お知らせ一覧