News白山麓日和

#腸活#予防医療#発酵#アロマセラピー#ガーデニング#薬膳#ヘルスケア

しょうゆ糀・塩糀の保存

しょうゆ糀も塩糀も、『常温』で販売されている商品も世の中的に多いいせいか、販売方法が難しいと改めて感じます。

というのも、小売店では「冷蔵品」として出しているものの、持ち運びの際や、持ち帰られた後は常温保存していた!というお客様が中にはいるからです。こうしたお客様は予想よりもはるかに多くいます。瓶に貼ってある表示には「要冷蔵 10℃以下」と書いてあるものの、常温保存OKと勘違いし、「中身がプクプクと浮き上がるように溢れてきたから交換して」と言うお客様もいました。
販売時にはもちろん、お客様の元へ渡った後の保管場所・温度までも把握できないまでも、「活きている糀」を扱っているという立場として、保存方法についてよりきっちり説明する必要があったと反省です。
そこで、食品表示などにも賞味期限ラベルとは別に、「必ず冷蔵保存でお願いします」と書いた注意喚起のラベルを追加しました。

保存方法を改めて。写真のしょうゆ糀をはじめ、塩糀、糀甘酒、ソース&ドレッシングは全て「要冷蔵」。理想は5℃以下。温度が高いと、発酵が再開され、「酵母菌」によって膨らみます。加熱殺菌してコウジ菌・酵素を死活させれば発酵は止まりますが、活きたままお届けする私たちの「糀シリーズ」では、発酵が温度帯によって変化するので、十分ご注意ください。

オンラインストアで直接購入されるお客様、業務用として出荷している飲食店様などには「クロネコヤマト クール便」で発送しています。温度変化を可能な限り減らした状態でもお届けなので、今のところ1件も「膨らんだ」「溢れた」ということないですが、今後よりお客様の手元に届いた後のことも意識した商品のバージョンアップをしていきます。

 

お知らせ

お知らせ一覧