News白山麓日和

#腸活#予防医療#発酵#アロマセラピー#ガーデニング#薬膳#ヘルスケア

ありそうでない本物志向

「塩糀」といえば、第1次ブーム以来数年かけてだいぶ家庭に浸透してきましたが【しょうゆ糀】はまだまだマイナーな存在かもしれません。スーパーでも塩糀ほど見かけないこのしょうゆ糀。ノース白山ではずっと作り続けています。商品名はそのまんま。『白山麓のしょうゆ糀」です。白山麓の米から作らる米糀と、純国産の有機しょうゆのみでつくるこのしょうゆ糀は、最近じわりじわりと売上が伸びてきました。お客様にその購入理由を聞くと、最も多い答えが「ありそうでなかったから」というもの。原材料が極めてシンプルな分、その違いが分かりづらいですが、大きな特徴が2つあります。1つ目は、使うしょうゆも極めて良質なものであることです。安価なしょうゆにはありがちな産地不明の大豆、サッカリン(砂糖の500倍の甘さがある)やアルコールといった添加物は一切入っていません。健康づくりの提案と実践をする立場としても信じられるものを使用しています。そして2つ目は、非加熱であることです。要するに、コウジ菌が活きているということです。流通に乗せ、大量生産・大量販売をするためには「常温販売(加熱殺菌をしてコウジ菌を死滅させることで常温販売が可能になる)」が一般的ですが、私たちの商品はその逆ということです。糀一つひとつの粒が残っているのも非加熱である証拠で、火をいれると溶けた感じになり粒も崩れます。瓶や真空パックに貼るラベルにもはっきりと【本物志向のしょうゆ糀】と記載させて頂いております。

お知らせ

お知らせ一覧