News

夕方時間

白山麓の日常

手取川中流域を歩く

今日はいい天気でしたので、手取川沿いを40分ほど夫婦で歩きました。河川敷ではバーベキューをやっているグループも多くいました。皆それぞれの時間を楽しんでいますね。時間は17時頃。最近は日の入り時間も早くなり、日本海に沈む夕日も綺麗でした。私たちの住む場所は少し山間部なので、夕日が見えるこの景色は新鮮でもあります。国道157号線を、この時間に車でダァーッと快走するのも気持ちいいのでお勧めです。

しょうゆ糀 | アジの刺身にのせるだけ

刺身やなめろうなど・・・アジは刺身が美味しい白山麓のしょうゆ糀は、刺身にのせるだけ。レシピのない料理でとても簡単です。

新型コロナウイルスの影響で自炊派も増えましたね。スーパーで刺身を買うと、しょうゆもくっついていますが、これをしょうゆ糀に変えるだけで立派なヘルシー料理になります。

【しょうゆ糀】麻婆春雨も簡単に美味しく

激うま料理。最近食べた中では、最も心にも体にも染みわたる料理です。春雨は乾物で常備できるから、保存食にもなりそうです。毎日でも食べたい!というお客様からも声も続々とです。【味噌+しょうゆ糀】の組み合わせも、和風中華のような感じになって良い調味料になりますよ。

白山麓のしょうゆ糀 240g瓶 ¥1,058(税込)

健やかな胃腸へのコツ

2週間に1度私たちの【白山麓の糀甘酒 100gパック 税込¥250】を5個購入いただくお客様がいます。もう1年半くらいになるそうです。販売しているスーパーで偶然にもお会いできたので、そのお客様に使い方を聞いてみると、「継続できてるコツ」が見えました。

ポイント1 目分量で適当に。

ポイント2 もともとあった朝の習慣に+αとして。

ポイント3 冷凍庫に入る範囲で。

最初のポイントは、けっこう大事かもです。何グラムと決めずに、おおよその目安という感じです。その方は100gパックを3日に分けてということなので、1日約30g/約80円相当・・・家にあるスプーン約1杯です。

2番目のポイントも非常に大事。いきなり食生活を変える!というのは無理な話。「がんばろう!継続しよう!」って気合をいれて初めても3日で終わり、1週間後には忘れてしまっていたという話もよく聞くので、もともとの食習慣に+αとして取り入れることが大事です。その方は、ヨーグルトもしくは味噌汁だけは毎朝食べているとのことなので、そこに糀甘酒スプーン1杯を入れてるだけだそうです。+αでやるくらいがちょうど良さそうです。

3番目のポイントは保存方法について。加熱殺菌もしない生タイプで、添加物も一切入っていない【白山麓の糀甘酒】なので、温度帯には非常に弱いです。ある程度長く保存されたい場合は「冷凍保存」がいいです。その方も、使う1パック以外は全て【冷凍】にしているそうです。

かれこれ1年以上、ゆる~い感じで継続している結果、【便通がすごくいい】【肌の調子】がいいとのことです。特に【腸活頑張っている】ということでもなく、普段の感覚で食べているのが伝わったので、それが一番いいのだと感じました。

GFH六本木ヒルズ

本日10/2(金)午前中にグランドフードホール六本木ヒルズ店に「白山麓の糀からつくったソース&ドレッシング 165g」が到着しました。夫婦2人で頑張ってつくったので、また宜しくお願いします! 豆腐にサラダに刺身に、揚げ物、焼肉などなど。基本的に和洋なんでもいけます!東京と石川県白山麓も「白山」でつながっています。東京メトロ三田線「白山駅」も「白山通り」も、私たちのいる白山が由来となっています。600㎞も離れた場所ですが、見えない線がたしかにあります。

2020年の味噌ができた

江戸時代から続く木桶仕込んだ熟成モノ

2月に仕込んだ味噌ができました。
0℃を下回る寒い冬に仕込み、湿気の多い梅雨を越し、気温がぐっと上がる夏を超え、しっかりと発酵が進んだ丸大豆です。使うのは大豆、米こうじ、塩、水のみなので、余計なものを一切入れずに、大豆本来の旨味を凝縮させた伝統的な味噌です。

今では本当に珍しくなった木桶。
年代物の桶にのみ着く良い麹菌を含んだ素朴で力強い味噌をどうぞ。

オーダーメイド!有機玄米でつくる糀甘酒

お客様から特別に依頼を受けてつくる有機玄米100%の糀甘酒があるのですが、ちょうど新米がでる時期ということで、昨日それ用の超良質有機玄米を仕入れました!農薬・化学肥料はもちろん使用せず、除草剤までも使わない徹底ぶりという【完全有機】なお米です。オンラインストアでも【完全受注型】にしています。これ以上ないくらいの質の高い糀甘酒をお届けします。100g×10個セット ¥7,516(税込)です。必要な場合には、お電話(076-259-0355)またはメール(info@north-hakusan.com)まで。

D2C実践講座

News Picksを通じて知った「D2C実践講座」。次が最終回となりますが、プレゼンをすることになりました。もともとD2Cの形態をとっていましたが、本当にこれでいいのか?という疑問もあり、この講座を受けることになったのですが、回を重ねていくにうち納得感も増えてきた感じです。「自分たちは何のために事業をしているのか」「私たちの商品は誰のためか」「どうしてその商品を作っているのか」など、そもそも論をもう一度考えるきっかけにもなりました。この講座で学んだことを、今ホームページや各種メディアで生かすべくリニューアルをかけています。自分たちのことを知るとかって意外と難しいものです。

新米の時期

白山麓の田んぼも稲刈りの最盛期。今がちょうど古米と新米の入れ替えの時期です。艶々して甘味が凝縮された白山麓の新米がもうすぐ食べられます!昼間はまだ少し暑いですが、朝晩はだいぶ秋になってきましたよ!!昨夜は16℃くらいまでなりました。この寒暖差も山麓の特徴のひとつ。これがあるから紅葉も綺麗になりますね!この1ヵ月くらいで一気に紅葉シーズンになります。

裏を見て「おいしい」を買う習慣

スマイルサークル株式会社代表の岩城紀子氏の新刊です。私たちの白山麓の糀からつくったソース&ドレッシング 165gは、スマイルサークルの直営店「グランドフードホール六本木店」「グランドフードホール芦屋本店」で販売して頂いております。「裏を見れば美味しさ」が分かるは実に奥深い言葉・・・というのはメーカーであれば本当に実感します。このソース&ドレッシングが出来るまでも、発酵の時間も全て加味すると、原材料ができるまでの工程を全て含めると最低1年はかかっています。人工的なもの=添加物でものづくりを急がせず、ゆっくりとじっくりと、、だからこそ直球勝負で美味しさを追求できると思っています。世の中が「本来の美味しいっ!」で溢れるように、作り手として日々頑張るのみです。