しょうゆ糀 | アジの刺身にのせるだけ

刺身やなめろうなど・・・アジは刺身が美味しい白山麓のしょうゆ糀は、刺身にのせるだけ。レシピのない料理でとても簡単です。

新型コロナウイルスの影響で自炊派も増えましたね。スーパーで刺身を買うと、しょうゆもくっついていますが、これをしょうゆ糀に変えるだけで立派なヘルシー料理になります。

【しょうゆ糀】麻婆春雨も簡単に美味しく

激うま料理。最近食べた中では、最も心にも体にも染みわたる料理です。春雨は乾物で常備できるから、保存食にもなりそうです。毎日でも食べたい!というお客様からも声も続々とです。【味噌+しょうゆ糀】の組み合わせも、和風中華のような感じになって良い調味料になりますよ。

白山麓のしょうゆ糀 240g瓶 ¥1,058(税込)

健やかな胃腸へのコツ

2週間に1度私たちの【白山麓の糀甘酒 100gパック 税込¥250】を5個購入いただくお客様がいます。もう1年半くらいになるそうです。販売しているスーパーで偶然にもお会いできたので、そのお客様に使い方を聞いてみると、「継続できてるコツ」が見えました。

ポイント1 目分量で適当に。

ポイント2 もともとあった朝の習慣に+αとして。

ポイント3 冷凍庫に入る範囲で。

最初のポイントは、けっこう大事かもです。何グラムと決めずに、おおよその目安という感じです。その方は100gパックを3日に分けてということなので、1日約30g/約80円相当・・・家にあるスプーン約1杯です。

2番目のポイントも非常に大事。いきなり食生活を変える!というのは無理な話。「がんばろう!継続しよう!」って気合をいれて初めても3日で終わり、1週間後には忘れてしまっていたという話もよく聞くので、もともとの食習慣に+αとして取り入れることが大事です。その方は、ヨーグルトもしくは味噌汁だけは毎朝食べているとのことなので、そこに糀甘酒スプーン1杯を入れてるだけだそうです。+αでやるくらいがちょうど良さそうです。

3番目のポイントは保存方法について。加熱殺菌もしない生タイプで、添加物も一切入っていない【白山麓の糀甘酒】なので、温度帯には非常に弱いです。ある程度長く保存されたい場合は「冷凍保存」がいいです。その方も、使う1パック以外は全て【冷凍】にしているそうです。

かれこれ1年以上、ゆる~い感じで継続している結果、【便通がすごくいい】【肌の調子】がいいとのことです。特に【腸活頑張っている】ということでもなく、普段の感覚で食べているのが伝わったので、それが一番いいのだと感じました。