【ヤクルト1000の売り切れ続出に見る快眠サポート】眠りの質向上と腸内環境の関係

ヤクルト1000(店頭向け商品はY1000)が売り切れ続出!?

まさか、と思いきや事実のようです。

ヤクルト独自の乳酸菌シロタ株が1mℓあたり10憶個も入っていることで、ストレス緩和・睡眠の質向上・腸内環境改善につながるということがヒットの理由です。

ここで多く人は、
「睡眠の質と腸内環境がどう関係しているのか?」
という疑問を持ったはずです。

本記事では、そんな疑問を持った人のために、
ヤクルト1000も注目する「眠りと腸内環境」について考察・解説します。

<私たちについて>
石川県の白山麓という自然豊かな場所で、夫婦ふたりで発酵食などつくっています。自身の不摂生から便秘に悩んでいた会社員時代の経験や、胃腸が悪くて薬に頼っていた経験などから「自分でできること=セルフケア」の大切さを感じて、今につながっています。夫婦ふたりとも中医薬膳指導員・調理師の資格を保有しています。「セルフケアする発酵食と自然旅」をテーマとして、食から未来の健康や豊かな暮らしにつながるお手伝いをしています。運営している1日1組限定のライフスタイルホテル ルヴァンは「ココロとカラダを整える、特別なプライベート空間」です。
(詳しいプロフィールなどについては▶こちら

専門的は話はしません。

あくまでも、「ちょっと立ち話として聞いた」くらいなレベルで説明します。

ここで覚えて頂きたいことは「脳腸関係」という言葉だけです。

「脳腸関係」
脳と腸はつながっているということです。腸脳相関とも言います。

腸は「第2の脳(Second Brain)」とも呼ばれている通り、深い関係があります。

ストレス = リラックスできない

腸内をコントロールする自律神経のバランスが崩れる(交感神経・副交感神経)

腸内の悪玉菌が増える

腸内の「良い状態」が保てなくなる

腸が正常に働きづらくなる

腸で作られる「安心感・リラックス感を生むセロトニン」が生成されづらくなる

リラックスできない = 眠れない・眠りの質が下がる

ストレスが増す
 

という具合です。

超ざっくりですが、
ヤクルト1000は乳酸菌が極めて多い「機能性表示食品」ですので、
バランスが崩れた腸内環境を良くすることで、
リラックス感を生むセロトニンを生み、睡眠の質向上に!ということとなります。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人