ノース白山とは

ノース白山とは、読んで字のごとく、白山の北部エリアを指します。富士山、立山と並んで日本三名山の名を連ねる白山は、標高2702mの御前ヶ峰を主峰として石川県・福井県・岐阜県の3県にまたがる山です。東西南北に伸びる裾野は独立峰としては広大で、石川県側・福井県側・岐阜県側それぞれに違う自然の美しさがあります。北部白山麓には白山を源流とする一級河川の手取川と、大日川が流れており、私たちの生活の源になっています。「水の神」として崇められる白山の恩恵をダイレクトに受けて、素朴ながらも力強さを感じる食文化や生活の知恵が詰まったエリアがノース白山エリアです。

白山麓の自然環境や日々の生活について、事業としての活動などはInstagramで発信しています。

PAGE TOP