そうざい製造業を取得。

この度『そうざい製造業』の免許を取得した。飲食業、菓子製造業、みそ製造業、旅館業に次いで5つ目の免許となる。惣菜(そうざい)とは、いわゆる普段のおかずである。「普段」というのが肝で、目指すのは「毎日でも食べたい家庭料理」である。健康づくりの基本は、食であり、食の基本は絶えずやってくる「毎日」である。ある時だけ頑張るものでもないし、力を抜いて続けられる緩い感じがちょうどいいと思っている。そんな「普段使い」にはいいのでは?という基準でメニューを決めて商品化する予定だ。限りなくある惣菜の中でもまずはオーベルジュで好評であるものからスタートしたい。我々は小規模ながら、真空包装⇒ブラストチラー(瞬間冷却)が出来る設備もあるので、「冷蔵」「冷凍」どちらにも対応可能だ。今までは商品展開がどちらかというと調味料やスイーツなどに寄っていたので、今後は「温めればすぐ食べられるおかず」に軸を置いて展開していきたいと思う。

PAGE TOP