霊峰白山の恵み

  1. 自然そのままを。ニッコウキスゲ。

    オーベルジュ敷地内で育てているニッコウキスゲ。初夏のこの時期に見事な群生を見せてくれます。「禅庭花(ぜんていか)」という異名を持つように、どこか高尚なイメージもある植物ですが、実は食べられるので、私たちは夕食に提供しています。花が咲く一歩前が食べ頃。薬膳食材では、この「蕾」の状態が食べ頃なものが多く…

  2. 山菜の洋食 ピザ

    雪が多かった今年の白山麓も晴れの日も増え、雪解けがかなりのスピードで進んでいます。いよいよ山菜の季節です。私たちももうすぐ山菜採りです。たらの芽、山ウド、山ヨモギ、こしあぶら、こごみ、クズ、ユリの根、フキノトウ等。食養のオーベルジュで提供する山の素材を自らの足で採りに行きます。写真は、山菜をのせたピ…

  3. 白山麓の美味、ここに。

    オリジナルの山菜おこわです。山菜は山うど、わらびなどを使っています。特に相性がいいのはわらび。天然物ならではの風味、触感、ぬめりがもち米との相性をさらに良くさせ、山らしさをぐっと出してくれます。我々が関わる中宮温泉くろゆり荘の夕食でも提供していますが、11月以降には新社屋・店舗でも販売・提供予定です…

  4. 禅庭花を食す

    禅庭花。(読み方:ゼンテイカ)と聞いて分かる人は多くはないですが、ニッコウキスゲと言えば分かる方も多いのではないでしょうか。そうです、初夏の風物詩、ニッコウキスゲです。ノース白山の庭で育てているニッコウキスゲの鮮やかな黄色い花が群生となって目に飛びこんできます。小さな苗を近所の人からもらったのは2年…

  5. カタクリの群生の中で。

    その花の美しさが人を惹きつけて止まないカタクリ。その群生地がノース白山エリアには点在します。ここは中宮道。私たちが携わる白山中宮温泉くろゆり荘から徒歩30分程度歩いた場所です。下地ではGW中に最盛期を迎えましたが、標高約1,000mのこの場所では今がピークであります。整備された登山道の左右を覆うよう…

  6. タイムの花が満開

    ノース白山の庭に広がるタイムです。下草の中でももはや代表格といっていいタイム。その生命力の強さにも感嘆ですが、群生となったその花はもはや芸術の域です。敷地内の駐車場から事務所までのアプローチ等に一面に広がるその姿はこの時期だけの景色です。これからはこのタイムを食用としても有効活用します。フレッシュタ…

  7. 新商品 白山鬼ぐるみ

    ノース白山が展開する食養生事業での新商品です。「白山鬼グルミ」です。鬼グルミを食べるにあたり、最大の難所である「殻を割る」という手間まで行い、すぐにほじくって食べられる状態にしました。鬼グルミは100%天然物です。塩をまぶしたりなども一切しておらず、自然の香ばしさ・油分などをそのまま召し上がっていた…

  8. 観賞も食用価値も高いホトトギス

    秋に咲く山野草として知名度のあるホトトギス。ノース白山の庭で育てるホトトギスも3年目を迎えだいぶ株も増えました。写真の通り、花につく独特の模様が鳥のホトトギスのお腹に似ていることからその名がついたこの植物。観賞用としても、珍しいものであれば大変高価で売られるほど価値がありますが、実は食べることもでき…

  9. その強さに感嘆 クコ

    ノース白山の庭で育てているクコです。昨年に植えたクコも厳しい冬、芽吹きの春、成長の夏を経て、ちょうど1年ほどが経ちました。圧倒的な雪の量に加え、多湿という厳しい環境の中で、果たして育つかどうか最初は疑問もありましたが、やはりその強さは本物でした。何も施さず自然の力だけで育て、まわりには雑草だらけでし…

  10. 自家製山ヨモギパン

    5月に山で摘んだ山ヨモギを使った自家製のパンです。山ヨモギはペースト状で冷凍をしておけば保存も長く出来るので重宝します。ノース白山で使う山よもぎは、白山麓の中でも標高が高い場所(標高500m以上)の場所で採取するものなので、特に空気がきれいな場所で育つものです。100%自然の山ヨモギを国産小麦(※)…

  11. 「大」という字の奥行感 大文字草

    人はみな、昔からこの花が漢字の「大」に見えていたのでしょう。その名も「ダイモンジソウ(大文字草)」です。湿り気のある渓流沿いなどに自生する山野草で、全国に分布する大変身近な植物です。全国に分布することでその地域差によって色や形など様々な変種が存在しており、多彩な表情を見せてくれるのがダイモンジソウの…

  12. 古来の西洋薬味 チャイブス

    ノース白山の庭で育てているチャイブスです。ハーブ好きの方であれば定番品種として育てている方も多いのではないでしょうか。和名はエゾネギ。そして「西洋あさつき」という別名もあるように食用としても身近な存在と言えます。5月に入り、白山麓の暖かさも本格的になってきたのでチャイブスの花も一気に咲いてきました。…

  13. 山麓野菜のマリネ

    白山麓で収穫できる野菜のマリネです。今回はカボチャを多く使っています。カボチャはその自然の甘さが体に穏やかに作用し、胃腸を健やかにしてくる食材として私たちにも馴染み深い野菜です。自家製の塩糀や糀甘酒をつかったオリジナルのマリネ液に漬け込み、自然な甘酸っぱさで楽します。日本では南蛮漬けにあたりますが、…

  14. 自家野菜のフキ味噌和え

    ノース白山ではいろいろなメニューに使えるオリジナル調味料も作っています。フキ味噌もその一つです。自分たちの敷地内や裏山に3月中旬頃から出てきたフキノトウを使っています。今回は自家栽培の野菜をこのフキ味噌を使ってアレンジしました。野菜には、三つ葉、キャベツ、ほうれん草を使っています。残念ながらほうれん…

  15. 国際的野草 チックウィード

    チックウィードという名前は聞き慣れないかもしれませんが、和名を聞くとほとんどの方がご存知の野草です。その名も「ハコベラ」です。春を迎えたこの季節、ノース白山の庭でもいたる所にハコベラが生えてきました。超がつくほど自然のままの庭を目指しており、あらゆる野草が生え放題ですが、その中でもハコベラはさすがに…

PAGE TOP