オーベルジュLeVentの庭にて

  1. 大文字草 花鏡

    朝晩は冷え込む白山麓。この時期から曇りや雨の日も多くなってきます。白山の高い標高地点では既に降雪もあり、冬が少しずつ近づいてるのも肌で感じます。ガーデニングもこれから1ヵ月ほどの期間は冬支度となりますが、それぞれの草木は今それぞれの秋の姿を見せてくれています。写真は大文字草の「花鏡」という品種。クロ…

  2. 鮮やかに咲く先代萩。

    ノース白山のガーデンでは先代萩が鮮やかに咲きました。オーベルジュをバックに、紫色の小さな花がいくつも咲き、風になびいて美しい景色を生み出してくれています。先代萩というと、黄色が一般的でありますが、ここは紫色。実は、「紫は珍しいから」ということで園芸のプロでもある前の家の方から教えてもらい、わざわざそ…

  3. Llyod Loom and Common Sage

    ロイドルーム アンティークチェアとセージです。食養のオーベルジュ「Le Vent」では、オープンスタイルも大事にしており、「軒先でのんびりして頂くこと」もサービスの一つとしています。ハーブに囲まれながら、自然療法の最たるもの=植物そのものを楽しんで頂き、ゆっくりと過ごしてください。写真は椅子が一つで…

  4. 雪中のティーツリー

    庭で育てているティーツリーです。アロマの世界ではラベンダーと同じくらい有名な植物です。細長い葉っぱが特徴のこの植物はオーストラリアが原産。先住民アボリジニもこの植物の力を有効活用してケガなどの特によく使っていたというのは有名は話です。庭ではちょうどアプローチの軒先に植えていたため、今回の豪雪の直接的…

  5. 涼感を放つ夏の花。

    ノース白山の庭で育てているアガパンサスです。工事のためやむを得なく移植することになってしまったが、それでもその力強い生命力で今年もきれいな花を咲かせてくれています。蒸し暑い日が続く中で、その紫の花を見るとどこか涼しげな感じになるのは、この花の最大の魅力ではないでしょうか。ノース白山のガーデンでは紫色…

  6. 禅庭花を食す

    禅庭花。(読み方:ゼンテイカ)と聞いて分かる人は多くはないですが、ニッコウキスゲと言えば分かる方も多いのではないでしょうか。そうです、初夏の風物詩、ニッコウキスゲです。ノース白山の庭で育てているニッコウキスゲの鮮やかな黄色い花が群生となって目に飛びこんできます。小さな苗を近所の人からもらったのは2年…

  7. 初夏らしい深い黄色

    ノース白山の庭で育てているキバナコスモスです。”コスモス”とつきますが、正確には我々がよく知る桃色のコスモスとは異なり、黄色いコスモスに似た花を咲かせるということでこの名になったとされています。写真でもわかりますが、その深い黄色が映えるようにと、寄せる形でメギ(後ろの紫色)と合わせました。キバナコス…

  8. タイムの花が満開

    ノース白山の庭に広がるタイムです。下草の中でももはや代表格といっていいタイム。その生命力の強さにも感嘆ですが、群生となったその花はもはや芸術の域です。敷地内の駐車場から事務所までのアプローチ等に一面に広がるその姿はこの時期だけの景色です。これからはこのタイムを食用としても有効活用します。フレッシュタ…

  9. エンプレスウー

    ノース白山の庭で育てているギボウシです。英名ではホスタと呼ばれ、世界中で愛される植物の一つです。以前にも記事を書きましたが、今年はその本領を発揮しそうです。力強く根を這わせ、本格的に暖かくなった5月に一気に成長しています。まさにエンプレスウー(武則天/中国史上唯一の女帝)の名にふさわしいほどの勢いと…

  10. 大きな葉には何の意味が!?

    ノース白山の庭で育てている中国八角蓮(ハッカクレン)です。八角蓮はもともと台湾や中国の深山に生息する植物でして、葉が蓮の形に似て、それが八角形ということで八角蓮という名になったそうです。写真ではその大きさは伝わりづらいですが、もっと成長すると1枚の葉が30センチほどにもなります。そして何よりこの植物…

  11. 生薬の栽培 山茱萸

    ノース白山の庭で育てているメディカルプランツ(生薬)の一つ、山茱萸です。やはり早春の代表花として知られていることだけあって、どの花よりも一足先に開花宣言をしてくれそうです。秋には真っ赤な実をつけます。去年までは実をそのまま食べたりしていましたが、今年は、渋みの効いた実を使って自家製の山茱萸酒を作ろう…

  12. クコの花

    ノース白山の庭で育てているクコです。2回連続の記事になります。いよいよ花が咲きました。純国産のクコを育てようと、10本ほどの苗を育てはじめて約1年。昨年は見れなかった花を見れるまでになりました。とても小さな花で目立つものではありませんが、紫色のシックな感じが秋らしさを感じさせてくれます。9月も下旬に…

  13. その強さに感嘆 クコ

    ノース白山の庭で育てているクコです。昨年に植えたクコも厳しい冬、芽吹きの春、成長の夏を経て、ちょうど1年ほどが経ちました。圧倒的な雪の量に加え、多湿という厳しい環境の中で、果たして育つかどうか最初は疑問もありましたが、やはりその強さは本物でした。何も施さず自然の力だけで育て、まわりには雑草だらけでし…

  14. 良薬・西洋ニンジンボクの花

    ノース白山の庭で育てている西洋ニンジンボクです。9月も中旬になり白山麓で育つ西洋ニンジンボクも花が咲く時期になりました。過去の記事では、この西洋ニンジンボクの実が女性ホルモンバランスを整える作用がある良薬であると紹介しました(過去の記事はこちら)が、そこから月日もおよそ1年が経ち、さらに成長した姿を…

  15. 青き美しき薬草 ボリジ

    ノース白山の庭で育てているボリジです。「マドンナ・ブルー」と呼ばれることが多いこの花は、古くから食べる薬草としてヨーロッパでは親しまれてきました。食べ方は極めてシンプル。たた、葉や花をサラダに入れて一緒に食べるだけです。鮮やかな色の花を見るだけで綺麗ですが、それをサラダに入れれば一気にその華やかさが…

PAGE TOP