株式会社 ノース白山の記事一覧

  1. 青菜と牛肉の炒め物

    炒め物には是非「しょうゆ糀」を使って頂きたいです!レシピに例えば、「しょうゆ 大さじ2」と書いてあった場合、これは分解して「しょうゆ 大さじ1 +しょうゆ糀大さじ2」にすると味にだいぶ深みとコクが出ます。これは糀の力そのもの。素材に味をしみ込ませつつ、コクを出すという上級者向けの料理が糀を使って可能…

  2. 大文字草 花鏡

    朝晩は冷え込む白山麓。この時期から曇りや雨の日も多くなってきます。白山の高い標高地点では既に降雪もあり、冬が少しずつ近づいてるのも肌で感じます。ガーデニングもこれから1ヵ月ほどの期間は冬支度となりますが、それぞれの草木は今それぞれの秋の姿を見せてくれています。写真は大文字草の「花鏡」という品種。クロ…

  3. 綿ヶ滝

    「食養のオーベルジュ ル・ヴァン」から車で約10分の場所にある綿ヶ滝です。白山を源流とする清流・手取川の中流部に位置するこの滝は、この地域の象徴的な場所の一つです。マイナスイオンを浴びながらこの神々しい景色をゆっくりと楽しむだけでも価値があります。(撮影日:2018年10月21日)参考:綿ヶ…

  4. 朝食メニュー

    オーベルジュでの朝食風景です。コンセプトは夕食と同じく、"発酵食で胃腸の健康づくり"です。自家製味噌、胃腸の糀甘酒、胃腸の塩糀、胃腸のしょうゆ糀、納豆、大根、ヨーグルト、自家製豆乳など、胃腸に良い食材をふんだんに使います。夕食と同じくくらいの熱量で手づくりする、私たち…

  5. 自然そのままを。ニッコウキスゲ。

    オーベルジュ敷地内で育てているニッコウキスゲ。初夏のこの時期に見事な群生を見せてくれます。「禅庭花(ぜんていか)」という異名を持つように、どこか高尚なイメージもある植物ですが、実は食べられるので、私たちは夕食に提供しています。花が咲く一歩前が食べ頃。薬膳食材では、この「蕾」の状態が食べ頃なものが多く…

  6. 鮮やかに咲く先代萩。

    ノース白山のガーデンでは先代萩が鮮やかに咲きました。オーベルジュをバックに、紫色の小さな花がいくつも咲き、風になびいて美しい景色を生み出してくれています。先代萩というと、黄色が一般的でありますが、ここは紫色。実は、「紫は珍しいから」ということで園芸のプロでもある前の家の方から教えてもらい、わざわざそ…

  7. 胃腸のお善哉

    和スイーツの定番中の定番、「おぜんざい」。「胃腸の湯」として知られる白山中宮温泉水を使い、土鍋でじっくりと小豆を焚いています。体を冷やす精製された白砂糖は使わずに「てんさい(ビート)糖」で甘味を。そこに、糀の発酵パワーをプラスさせ、自然な甘みを大切にしています。どこか懐かしさもあるこのお善哉。オーベ…

  8. イワナのコンフィ

    霊峰白山から流れる清く冷たい川で育つイワナをコンフィにしました。コンフィ(Confit)はフランス料理の調理法の一種で、簡単に言えばオリーブオイルで煮たようにする料理です。オーベルジュの敷地内で育てるハーブなどを乾燥させてオリーブオイルに風味として活用。その風味豊かなオイルでイワナを洋食としてアレン…

  9. 北陸の白身魚には糀ドレッシング!

    しょうゆ糀、バルサミコ酢、紫蘇、にんにく、オリーブオイルの和洋の組み合わせで北陸の白身魚に合うドレッシングとして作りました。白山麓の糀のツブツブ感も楽しめ、バルサミコ酢の酸味、紫蘇の香り、にんにくのパンチ力が絶妙にミックスされた味です。薬膳の視点でも考えに考え抜きました。写真は、昨日に福井県敦賀市で…

  10. マスカルポーネチーズケーキ サイズは2つ

    「2日間かけてつくったマスカルポーネチーズケーキ」です。現在、サイズは2つです。【小】350円(税込) 【大】2500円(税込)。濃厚さのヒミツは「マスカルポーネ」。自然の甘さのヒミツは「胃腸の糀甘酒」です。どちらも自分たちの手でつくったオリジナルなもので、発酵食が得意は当社だからこそできるものです…

  11. 2泊目朝食は洋食スタイルにも。

    食養のオーベルジュLe Ventでは和食も洋食も融合させています。基本、朝食に関しては1泊目に和食、2泊目には洋食スタイルにしています。(和食がいいという方は、2泊目も和食です)写真は2日目の洋食です。自家製パンや米粉から作るパンケーキをはじめ、中宮温泉水と「胃腸の塩糀」を使ったスープ、温泉卵、自家…

  12. 「胃腸の湯」で作る豆乳

    食養のオーベルジュ「Le Vent」では、「胃腸を元気にすること」に着目して、原材料はもちろん水にいたるまでこだわって食事を提供させて頂きます。写真は、豆乳をつくる工程です。豆乳及び豆腐をつくる際に使うのは3つのみ。白山麓で育つ大豆(品種:艶麗)、にがり(石川県珠洲市「珠洲製塩」)、そして、「胃腸の…

  13. Llyod Loom and Common Sage

    ロイドルーム アンティークチェアとセージです。食養のオーベルジュ「Le Vent」では、オープンスタイルも大事にしており、「軒先でのんびりして頂くこと」もサービスの一つとしています。ハーブに囲まれながら、自然療法の最たるもの=植物そのものを楽しんで頂き、ゆっくりと過ごしてください。写真は椅子が一つで…

  14. 白山の恵み イワナ丸ごと

    渓流魚の代表的な存在である「岩魚(イワナ」。写真は右から、岩魚塩焼き用、刺身用(その上は頭と中骨)、皮となります。食養のオーベルジュ「Le Vent」ではこの岩魚を自ら捌いて、丸ごと食べられるような調理をして提供します。「塩焼き」「カルパッチョ」「素揚げ」「コンフィ」など。和食に洋食に様々なカタチに…

  15. 白山市七原町から見える白山

    3月17日午後5時頃の風景。週末ということもあり、金沢・白山市の中心部(いわゆる街中)は多くの車が行き交っていました。写真は白山市の七原町から望む霊峰白山です。平地ではすっかり雪も解け、昼間は暑いくらいの日が続いていますが、標高2702mを誇る白山は見ての通り、真っ白であります。冬はその姿をほとんど…

PAGE TOP