自然そのままを。ニッコウキスゲ。

オーベルジュ敷地内で育てているニッコウキスゲ。初夏のこの時期に見事な群生を見せてくれます。「禅庭花(ぜんていか)」という異名を持つように、どこか高尚なイメージもある植物ですが、実は食べられるので、私たちは夕食に提供しています。花が咲く一歩前が食べ頃。薬膳食材では、この「蕾」の状態が食べ頃なものが多く、ニッコウキスゲも例外ではありません。咲けば綺麗なのでもったいないと思う人もいますが、食べれば本当に美味しいです。ほのかに甘く、どこか香ばしさもあります。自然そのままを大切にしたいので、衣は最小限にして、ほぼ素揚げにしています。

おすすめ記事

  1. へしこマスカルポーネ
  2. 発酵の底力を信じ切る。
  3. 朝食に「おいしいパン」を。
  4. 山ヨモギのシフォンケーキ
  5. 雪中のティーツリー
  6. 白身魚にはコレ!
  7. 糀甘酒スコーン

関連記事

  1. 大根と三つ葉の温泉粥
  2. 白山麓の山菜 こごみ
  3. ヨーロッパの民間薬 月桂樹
  4. 万能アロマ ラベンダー
  5. 女性ホルモンの良薬 西洋ニンジンボク
  6. 「祝いの木」を身近に マートル
  7. 栄養の宝庫 ニンジンの葉
  8. 春の訪れを告げるツクシ
PAGE TOP