胃腸のお善哉

和スイーツの定番中の定番、「おぜんざい」。「胃腸の湯」として知られる白山中宮温泉水を使い、土鍋でじっくりと小豆を焚いています。体を冷やす精製された白砂糖は使わずに「てんさい(ビート)糖」で甘味を。そこに、糀の発酵パワーをプラスさせ、自然な甘みを大切にしています。どこか懐かしさもあるこのお善哉。オーベルジュでも和スイーツとしてお客様に提供させて頂きます。写真はノース白山の庭にて。

おすすめ記事

  1. 朝食に「おいしいパン」を。
  2. 糀甘酒スコーン
  3. 雪中のティーツリー
  4. 白身魚にはコレ!
  5. 発酵の底力を信じ切る。
  6. へしこマスカルポーネ
  7. 山ヨモギのシフォンケーキ

関連記事

  1. 毎日の積み重ねに糀甘酒を
  2. 白山麓の美味、ここに。
  3. 中宮温泉でつくる「胃腸の豆腐」
  4. 発酵の底力を信じ切る。
  5. 北陸の白身魚には糀ドレッシング!
  6. 胃腸の塩糀
  7. 食事を意気にする天然皿 朴葉
  8. ヨーロッパの民間薬 月桂樹
PAGE TOP