イワナのコンフィ

霊峰白山から流れる清く冷たい川で育つイワナをコンフィにしました。コンフィ(Confit)はフランス料理の調理法の一種で、簡単に言えばオリーブオイルで煮たようにする料理です。オーベルジュの敷地内で育てるハーブなどを乾燥させてオリーブオイルに風味として活用。その風味豊かなオイルでイワナを洋食としてアレンジしています。コンフィの上に乗るのは「胃腸のしょうゆ糀」をベースにしたバルサミコソース。糀と聞くとどうしても和食に偏りがちですが、こうして洋食との合わせ技としても使うことができます。

★オーベルジュで提供するイワナ料理
渓流魚の代表格であるイワナの調理法のド定番はなんといっても「塩焼き」。焼き枯らすようにして、1時間ほどじっくり焼く「イワナの焼き枯らし」は夕食の定番として提供させて頂いております。その他、コンフィ、フライ、なめろう、カルパッチョなど、海の幸とはまた違う「山らしさ」を感じられるイワナを様々なアレンジ料理として提供しています。

おすすめ記事

  1. へしこマスカルポーネ
  2. 雪中のティーツリー
  3. 発酵の底力を信じ切る。
  4. 糀甘酒スコーン
  5. 白身魚にはコレ!
  6. 山ヨモギのシフォンケーキ
  7. 朝食に「おいしいパン」を。

関連記事

  1. 糀甘酒でつくるクレームブリュレ
  2. 青き美しき薬草 ボリジ
  3. 胃腸を活発にする参鶏湯
  4. 収穫した無農薬の大根
  5. 山芋コロッケ
  6. 自家栽培の有機たまねぎ
  7. 朝食に「おいしいパン」を。
  8. 中宮温泉粥

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP