雪中のティーツリー

庭で育てているティーツリーです。アロマの世界ではラベンダーと同じくらい有名な植物です。細長い葉っぱが特徴のこの植物はオーストラリアが原産。先住民アボリジニもこの植物の力を有効活用してケガなどの特によく使っていたというのは有名は話です。庭ではちょうどアプローチの軒先に植えていたため、今回の豪雪の直接的な影響は受けてはいませんが、それでも写真の通り、もうほとんど雪に埋もれている状態です。そもそも暑い地で育った植物なので、この寒さ・雪でどうかと心配もしましたが、これが植物の本来の力と言わんばかりに、細く力強くも生き抜いてくれています。香りを嗅ぐと、相変わらず優しい香りです。今は正直厳しい季節ですが、これが終わると必ず春がやってきますし、植物たちの力強い姿に励まされて、私たちももうすこしこの厳しい冬を耐えぬかないとであります。

おすすめ記事

  1. 糀甘酒スコーン
  2. 山ヨモギのシフォンケーキ
  3. へしこマスカルポーネ
  4. 朝食に「おいしいパン」を。
  5. 白身魚にはコレ!
  6. 雪中のティーツリー
  7. 発酵の底力を信じ切る。

関連記事

  1. 植物たちの冬越し 利久梅
  2. 希望の象徴 サンザシの花
  3. 禅庭花を食す
  4. イタリアから柑橘の香り ベルガモット
  5. 初夏らしい深い黄色
  6. 新緑の季節の植物たち
  7. ”風を知る草” その名も風知草
  8. 蒸留後の黒文字の姿

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP