禅庭花を食す

禅庭花。(読み方:ゼンテイカ)と聞いて分かる人は多くはないですが、ニッコウキスゲと言えば分かる方も多いのではないでしょうか。そうです、初夏の風物詩、ニッコウキスゲです。ノース白山の庭で育てているニッコウキスゲの鮮やかな黄色い花が群生となって目に飛びこんできます。小さな苗を近所の人からもらったのは2年前。強健な生命力でこの土地に根付き、株分けしたものが次々と育ち、だいぶ見ごたえあるものにまでなりました。と、観賞に浸るのもここまで。見てキレイと言ってるだけじゃないのが、薬膳指導員の資格を持つ私たちの常日頃。「これ、食べられるんでしょ?」ということで、食べています。花が開くつぼみの段階で摘み取り、それを天ぷらやおひたしにして頂いています。禅の庭に咲く極楽浄土のような植物を食すのはなんとも罪深いと感じながらも、これも自然なこと。食べられるものは何でも食べ、それをまたいろんなレシピにアレンジするのが使命だと思って、積極的に食用化しています。黄色い食べ物と言えば、パプリカくらいしか思い浮かばないので、このニッコウキスゲをなんとか洋食、エスニック料理にも出来ればと思っています。

おすすめ記事

  1. 雪中のティーツリー
  2. 山ヨモギのシフォンケーキ
  3. 朝食に「おいしいパン」を。
  4. へしこマスカルポーネ
  5. 白身魚にはコレ!
  6. 発酵の底力を信じ切る。
  7. 糀甘酒スコーン

関連記事

  1. 夏野菜のマリネサラダ
  2. 2泊目朝食は洋食スタイルにも。
  3. クロモジ育苗中
  4. 白身魚にはコレ!
  5. 山野草の美雄 クリンソウ
  6. 気巡りを良くする妙薬 玫塊花
  7. 天然の土地改良剤「燻炭」
  8. カタクリの群生の中で。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP