大きな葉には何の意味が!?

ノース白山の庭で育てている中国八角蓮(ハッカクレン)です。八角蓮はもともと台湾や中国の深山に生息する植物でして、葉が蓮の形に似て、それが八角形ということで八角蓮という名になったそうです。写真ではその大きさは伝わりづらいですが、もっと成長すると1枚の葉が30センチほどにもなります。そして何よりこの植物の面白いところは、その花が咲く場所です。なんと葉の裏側に咲くのです。大きな葉に雨風から守られて、そっと静かに咲く花はなんともいえない風情を醸し出します。

おすすめ記事

  1. 山ヨモギのシフォンケーキ
  2. 朝食に「おいしいパン」を。
  3. 発酵の底力を信じ切る。
  4. へしこマスカルポーネ
  5. 糀甘酒スコーン
  6. 白身魚にはコレ!
  7. 雪中のティーツリー

関連記事

  1. 希望の象徴 サンザシの花
  2. 栄養の宝庫 ニンジンの葉
  3. ギャップという魅力 ソヨゴ
  4. 梅雨の趣 宝鐸草
  5. 植物たちの冬越し 利久梅
  6. クコの花
  7. 植物たちの冬越し キングサリ
  8. 良薬・西洋ニンジンボクの花

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP