生薬の栽培 山茱萸

ノース白山の庭で育てているメディカルプランツ(生薬)の一つ、山茱萸です。やはり早春の代表花として知られていることだけあって、どの花よりも一足先に開花宣言をしてくれそうです。秋には真っ赤な実をつけます。去年までは実をそのまま食べたりしていましたが、今年は、渋みの効いた実を使って自家製の山茱萸酒を作ろうと思います。有名な漢方薬「八味地黄丸」の一つだけあって、滋養強壮には◎。また、体を温めて新陳代謝を良くし、体内の老廃物の排出を促す作用もあります。見ても癒され、食べても元気になる。そんな山茱萸が春の訪れを告げてくれています。

おすすめ記事

  1. 朝食に「おいしいパン」を。
  2. 山ヨモギのシフォンケーキ
  3. 糀甘酒スコーン
  4. 発酵の底力を信じ切る。
  5. 雪中のティーツリー
  6. へしこマスカルポーネ
  7. 白身魚にはコレ!

関連記事

  1. 禅庭花を食す
  2. 薬草浴 ヨモギ・スギナ
  3. 超大型ギボウシ エンプレス・ウー
  4. 15年目で初開花 マユミ
  5. 植物たちの冬越し サンシュユ
  6. 芳香蒸留水 黒文字
  7. 栄養の宝庫 ニンジンの葉
  8. 涼感を放つ夏の花。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP