胃腸のしょうゆ糀の活用法 プルコギ

代表的な韓国料理の一つであるプルコギです。プルコギは醤油ベースの甘辛くにんにくの効いたタレが特徴的ですが、醤油の代わりにノース白山オリジナルの「胃腸のしょうゆ糀」を使っています。同じ韓国料理のチヂミでもそうですが、ニラやにんじん、たまねぎといった野菜を肉と一緒にたくさん食べられるということはバランス面においても素晴らしいものだと感じます。薬膳学の視点で見ても然り。体を温め、血液の循環を活発にする作用をもつニラやたまねぎと共に、にんにくという薬味もプラスされるわけですから、体力・気力アップの手助けとなるメニューであります。今回はプルコギというエスニック料理としてでしたが、和の調味料とエスニック料理も意外なほど合います。”甘辛”というのが好きな方には、是非がっつり食べる食養生として実践ください。

おすすめ記事

  1. 白身魚にはコレ!
  2. 朝食に「おいしいパン」を。
  3. へしこマスカルポーネ
  4. 糀甘酒スコーン
  5. 発酵の底力を信じ切る。
  6. 山ヨモギのシフォンケーキ
  7. 雪中のティーツリー

関連記事

  1. 胃腸の八方出汁
  2. 現の証拠 ゲンノショウコ
  3. 胃腸の湯を使った蒸籠蒸し
  4. マスカルポーネチーズケーキ
  5. 栄養の宝庫 ニンジンの葉
  6. 2泊目朝食は洋食スタイルにも。
  7. 収穫した無農薬の大根
  8. 「胃腸の湯」で作る豆乳

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP