不思議な力を持つハマナス

ノース白山の庭で育てているハマナスに実がつきました。このハマナスは以前の記事では、マイカイカとして登場しています。花の蕾を乾燥させたものが玫塊花(マイカイカ)と呼ばれ、気分の落ち込みなどに効果を発揮します。花を咲かせ、枯れた後につける実についてです。一般的には、この実の方が知名度はあるでしょうか。バラ科の植物の実を総称してローズヒップと呼びますが、このハマナスの実もその一つです。自然の力を信じて、水を与える以外特に何もせずにしていたせいか、実は一つしか出来ませんでしたが、その貴重な一つをしっかりと頂きました。その甘酸っぱさがジャムに合うことから、地方によっては昔から盛んにジャムとして食用されています。自然の甘味・酸味が口に広がる感じをしっかりと感じることが出来ます。
世間を見ると、鬱病などに悩む人も年々多くなっているというニュースもよく耳にします。私たちは薬膳学の知識があるので、この植物としての「ハマナス」、蕾を乾燥させた漢方薬「マイカイカ」、そして実「ローズヒップ」のそれぞれの名称、特徴を知っていますが、鬱の予防に注目されている植物であることはまだまだ世の中に浸透はしていません。湿度が多く、日照時間が短い白山麓でも十分に育つので、おそらく日本全国どこでも育つはずです。この不思議な力を持つハマナスが、もっと世間に知れ渡る日がくればと願うばかりです。

おすすめ記事

  1. 朝食に「おいしいパン」を。
  2. 白身魚にはコレ!
  3. 山ヨモギのシフォンケーキ
  4. へしこマスカルポーネ
  5. 雪中のティーツリー
  6. 発酵の底力を信じ切る。
  7. 糀甘酒スコーン

関連記事

  1. クロモジ育苗中
  2. 糖尿病の特効薬と言われる薬草
  3. イワナのコンフィ
  4. 気鬱を解く良薬 玫塊花
  5. 大根と三つ葉の温泉粥
  6. 彩り野菜に発酵食品を
  7. 天ぷら食材の山菜・野草
  8. 胃腸のニンニクしょうゆ糀

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP