体の”湿”を取るカボチャの小豆煮

湿度が高くジメジメとした日が続くこの時期にこそ食べたい小豆を使った料理です。その名も「カボチャの小豆煮」です。なぜ、この時期におすすめかというと、その理由は小豆が持つ効能にあります。そして、その働きとは体の中に溜まる余分な水分を排出してくれることです。薬膳ではこれを「利水(りすい)」と呼び、多すぎる水分によるむくみや胃腸の機能低下などを予防・改善してくれます。小豆はおしることして食べられることが多く、甘く炊くのが一般的ですが、夏野菜の一つであるカボチャが持つ甘さと一緒に食べることでまたその風味も自然そのままです。

おすすめ記事

  1. 発酵の底力を信じ切る。
  2. 山ヨモギのシフォンケーキ
  3. へしこマスカルポーネ
  4. 白身魚にはコレ!
  5. 糀甘酒スコーン
  6. 朝食に「おいしいパン」を。
  7. 雪中のティーツリー

関連記事

  1. 夏野菜のマリネサラダ
  2. 彩り野菜に発酵食品を
  3. 朝食メニュー
  4. 現の証拠 ゲンノショウコ
  5. 胃腸の湯を使った蒸籠蒸し
  6. ヨーロッパの民間薬 月桂樹
  7. 白山麓ジビエのミンチ
  8. がっつり食べる薬膳 チキンソテー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP