「祝いの木」を身近に マートル

ノース白山の庭で育てているマートルです。和名は銀梅花。フモモモ科の常緑樹であります。ハーブとして知られるマートルはしばしば小さな植物だと思われがちですが、立派な木です。私たちはマートルを5本育てていますが、そのうちの1本はすでに2mを超える立派な木であり、1年中その濃い緑の葉をつけて庭を彩ります。写真は6月になって咲いた花です。5枚の純白の花に、糸のように伸びる細長いおしべが出ているのが特徴的で実に優美な姿を見せてくれます。はるか昔から、人はこの優美さに魅了され、そこにポジティブな意味づけをしてたことにも納得です。英国などでは結婚式のブーケにこのマートルが使われており「祝いの木」という名がついています。人とのマートルの関わりの歴史を辿っていくと、どれも大変興味深いストーリーばかりであります。さて、これまで園芸観賞用として育ててきたマートルですが、アロマセラピーとしても大変有用な植物であるということにも注目し、今後芳香蒸留水として商品化していきます。自分たちで育てるマートルを必要な分だけ、供給可能な範囲だけ採取して、それをそのままスプレーとします。北部白山麓の清浄な空気・水・土壌で育ち、農薬も化学肥料も一切使わない形で育てているものなので、「自然そのまま」を感じられるようなものになります。具体的な商品情報に関しては、また詳細が決まり次第告知となりますが、その根本となるマートルそのものの成長も併用して記録していきたいと思います。

おすすめ記事

  1. 白身魚にはコレ!
  2. へしこマスカルポーネ
  3. 糀甘酒スコーン
  4. 雪中のティーツリー
  5. 発酵の底力を信じ切る。
  6. 朝食に「おいしいパン」を。
  7. 山ヨモギのシフォンケーキ

関連記事

  1. 古来の西洋薬味 チャイブス
  2. 植物たちの冬越し ナナカマド
  3. カスタムメイド アロマバーム
  4. セルフケア 【リラックス編】
  5. 加賀伝統野菜 金時草
  6. 植物たちの冬越し シャラ
  7. 大きな葉には何の意味が!?
  8. タイムの花が満開

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP