夏野菜の食養生 田楽味噌

ノース白山では、自分でできるセルフケアを「食」「アロマセラピー」という分野で提案しています。中でも今後力を入れていきたいのが調味料の分野です。田楽味噌は日本人にとっては最も馴染みのある料理の一つであり、食べ方次第ではバリエーションも豊富です。こんにゃく・大根・里芋、茄子など・・・言ってみれば何にでも合います。今回は夏野菜の定番、茄子と合わせました。5月でも暑い日が続き、さらに湿度も高くなるとやはり夏バテ、胃腸の不調は起こりやすいもの。私たちは、夏野菜の特徴である清熱(体を熱を取る)や利湿(体の余分な水分を出す)といった働きに注目し、この田楽味噌を今後「健康づくり調味料」として商品展開予定です。自家製の糀甘酒や塩糀とブレンドし、毎日でも摂りたい調味料にしたいと思います。

おすすめ記事

  1. 朝食に「おいしいパン」を。
  2. 雪中のティーツリー
  3. 山ヨモギのシフォンケーキ
  4. 白身魚にはコレ!
  5. 発酵の底力を信じ切る。
  6. へしこマスカルポーネ
  7. 糀甘酒スコーン

関連記事

  1. 食べる胃腸の薬 ルバーブ
  2. 胃腸に良いグラタン
  3. イタリアン創作薬膳
  4. 大根と三つ葉の温泉粥
  5. 胃腸のおぜんざい
  6. 胃腸を活発にする参鶏湯
  7. フレッシュバジル
  8. 夏野菜のマリネサラダ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP