15年目で初開花 マユミ

ノース白山の庭で育てているマユミです。秋の紅葉シーズンには白山でも赤やピンクの花のような実をつける姿が見事ですが、開花期のこの花の姿もまたいいものです。このマユミですが、元は園芸の先生の家にあったもの。同じ地区なので育つ環境はほぼ一緒なのですが、聞くと一度も花が咲かなかったそうです。植物とは不思議なもので、順調には育っているのに花だけが咲かないということもしばしばあるそうです。そんな状態でも構わないということで移植したのが1年半前。しっかりと根づかせ、風通しや日当たり、配置など十分に考えて育てていたことが功を奏して、今年初めて写真のような花を咲かせました。その高さ4mほどのマユミですが、一つひとつの花はものすごく小さく目立ちませんが、それもまたマユミの魅力。樹形とのバランスやも含め、その立ち振る舞いに趣きを感じます。
※冬の姿の時についての記事⇒
※マユミを使ったクリスマス・リースの記事⇒

おすすめ記事

  1. 朝食に「おいしいパン」を。
  2. 糀甘酒スコーン
  3. 発酵の底力を信じ切る。
  4. へしこマスカルポーネ
  5. 山ヨモギのシフォンケーキ
  6. 白身魚にはコレ!
  7. 雪中のティーツリー

関連記事

  1. 梅雨の趣 宝鐸草
  2. オーストラリアの知名度高き薬草
  3. 植物たちの冬越し オオデマリ
  4. 和の美しさ 紫式部
  5. 蒸留後の黒文字の姿
  6. 「大」という字の奥行感 大文字草
  7. 万能アロマ ラベンダー
  8. ギャップという魅力 ソヨゴ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP