Blogブログ

日常生活の中である、様々な小さな発見。

排膿力に優れた生薬 連翹

連翹と書いて、レンギョウと読みます。綺麗な黄金色の花を咲かせる春の代表木の一つです。これが秋に褐色の実をつけ、その実を蒸して乾燥させたものが生薬になります。生薬名もそのまま「連翹」です。連翹そのものを単独で使うことはないですが、荊防敗毒散や清上防風湯といった様々な漢方に使われています。連翹はしばしばその排膿力注目されます。黄金色の花が生花などで使えると思い昨年から育てていますが、生薬にも使われているということでその用途が広がりました。白山麓でも昼間はすっかり春の陽気です。連翹ももうすぐ満開の時期を迎えいよいよ春本番です。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事