Blogブログ

日常生活の中である、様々な小さな発見。

白山信仰の旅 北海道河西郡

白山信仰のルーツを探るため、全国の白山神社を巡る旅。今回は北海道河西郡芽室町です。仕事で北海道の糠平温泉に行くことになり、ちょうど車で行ける距離に白山神社もあったのでお参りしてきました。神殿と拝殿を建立は明治41年と、白山神社の中では新しい部類です。お参りした日は3月15日。温かい日が続き雪もほぼ解けた白山麓と違い、ここはさすがに北海道。写真の通り、社殿も雪に覆われ、鳥居から向こうは行くことができないほどまだ雪が残っておりました。十勝平野のほぼ真ん中に位置するこの場所は、四方全てに視界が開けており、広大な北の大地のイメージそのものです。白山から遠く離れたこの場所でも白山神社があること自体に驚きですが、先人がこの地でも白山信仰を広めたという事実が確認できました。ちなみに研修先として行った場所は糠平温泉中村屋さんです。(中村屋HP

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事