植物たちの冬越し エニシダ

ノース白山の庭で育てているエニシダです。漢字で書くと、金雀児。英語ではBroomです。Broomは箒(ほうき)という意味でもありますが、魔女が空飛ぶ箒にまたがっているあの箒がエニシダであると言われています。ヨーロッパででは、昔からエニシダの枝を実用的な箒として使われていたこともあり馴染み深い植物だそうです。ちなみに、エニシダという名前の由来は、江戸時代にオランダからこの植物が渡来したことで、オランダ語のGenista(ジェニスタ)が訛ってエニシダになったと言われています。今は小さな花芽がついたばかりですが、夏には黄色の花が咲き乱れます。薬効は特にありませんが、綺麗なコントラストを演出する花ですし、夏には庭に彩を与えてくれます。

おすすめ記事

  1. 白身魚にはコレ!
  2. 山ヨモギのシフォンケーキ
  3. 朝食に「おいしいパン」を。
  4. 発酵の底力を信じ切る。
  5. 雪中のティーツリー
  6. 糀甘酒スコーン
  7. へしこマスカルポーネ

関連記事

  1. 植物たちの冬越し ナナカマド
  2. 植物たちの冬越し 利久梅
  3. 加賀伝統野菜 金時草
  4. ホトトギス(杜鵑)
  5. Llyod Loom and Common Sage
  6. 日本固有種 足摺野路菊
  7. 「祝いの木」を身近に マートル
  8. 希望の象徴 サンザシの花

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP