植物たちの冬越し シャラ

ノース白山の庭で育てているシャラです。別名は夏椿(ナツツバキ)ですが、これは夏に椿に似た花を咲かせることからその名がつきました。厳密には6月のは咲くので、梅雨の時期ですが、暑くなる7月中旬くらいまで白い花を楽しむことができます。この木の特徴は、幹がスベスベしていることと、樹形が自然ときれいになることです。幹を触ると百日紅(さるすべり)のようにスベスベです。また自然とバランスよく成長するので特に剪定の必要もなく、シュッとした姿を保っています。ノース白山のシャラは品種で言うとヒメシャラなので花が小粒です。雪も解け、春の暖かさが一気に感じられるようになったので、これから花の咲く冬に向けて、幹を枝もぐっと伸びていくことでしょう。

おすすめ記事

  1. 発酵の底力を信じ切る。
  2. へしこマスカルポーネ
  3. 山ヨモギのシフォンケーキ
  4. 雪中のティーツリー
  5. 糀甘酒スコーン
  6. 白身魚にはコレ!
  7. 朝食に「おいしいパン」を。

関連記事

  1. クコの花
  2. 植物たちの冬越し ヤマボウシ
  3. 現の証拠 ゲンノショウコ
  4. ”風を知る草” その名も風知草
  5. 雪中のティーツリー
  6. 秋の七草 藤袴
  7. 梅雨の趣 宝鐸草
  8. 蒸留後の黒文字の姿

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP