2016年 3月

  1. 春の訪れを告げるツクシ

    本日、時間があったので夕方に庭のツクシを収穫しました。段ボール一杯分くらいでしょうか。明日の夕食の食材として使う予定です。ツクシは都会でも土手だったりに生えていますし、子供の時によく採っていた、なんて人も多いのではないでしょうか。唄にもなっているように、ツクシはスギナの子にあたり、このツクシが終わる…

  2. 北部白山の滋味山菜 山ウド

    北部白山に自生する山菜の代表格、山ウドです。ウドは、自生するものは山ウドと呼ばれ緑色であるのに対し、栽培物は白ウドと呼ばれ、その名の通り白色です。山ウドはやはり厳しい自然環境で育つので、その味の奥深さや栄養がより豊富です。ややアクが強く、しっかりとアク抜きをしないと食べられない山菜ですが、その調理法…

  3. カスタムメイド アロマバーム

    アロマセラピー事業での新しいサービス・商品のお知らせです。植物の力を凝縮させたアロマバームです。自然の力を普段の生活に取り入れたい。日々のセルフケアを自然のもので続けたい方にお勧めです。商品情報はこちら…

  4. 健康に大豆の力を 豆腐ステーキ

    最も身近な食材の一つである豆腐を使った料理です。使う食材は、豆腐・ピーマン・もやし・にんじんと全てが食品スーパーで揃うものです。豆腐は冷奴をはじめ、豆腐サラダだったり、鍋の具材、味噌汁、麻婆豆腐など、その用途は実に多い食材です。当たり前のように食べているからあまり意識はしませんが、最近ではやはりその…

  5. 春の庭を彩る霊木 ハナモモ

    ノース白山の庭で育てているハナモモです。品種は照手(桃)です。ホウキ状に成長し、とても綺麗な樹形と鮮やかな色の花が特徴です。写真は開花の一歩手前という感じでしょうか。しばらくすると一気に花を咲かせ庭を彩ります。ハナモモ(花桃)とは花を楽しむために改良された桃の園芸品種でありますが、桃に関する言い…

  6. 排膿力に優れた生薬 連翹

    連翹と書いて、レンギョウと読みます。綺麗な黄金色の花を咲かせる春の代表木の一つです。これが秋に褐色の実をつけ、その実を蒸して乾燥させたものが生薬になります。生薬名もそのまま「連翹」です。連翹そのものを単独で使うことはないですが、荊防敗毒散や清上防風湯といった様々な漢方に使われています。連翹はしばしば…

  7. 気巡りを良くする妙薬 玫塊花

    玫塊花と書いて、マイカイカと読みます。生薬名です。一般的な商品ではないので、あまり目にすることがありませんが、薬膳を提供するレストランや健康食材を扱う店に行くと「玫塊花ティー」として販売しているところもあります。さて、知る人ぞ知る生薬の玫塊花ですが、その名は知らずともハマナスは知っている方はいらっし…

  8. 白山の山頂部 加賀禅定道

    写真トップ画面のスライドショーにもなる一枚です。昨年9月に加賀禅定道の山頂部付近(大汝峰から室堂向かう途中)で撮ったものです。北部登山道の草刈りの仕事で行った際のもので、時は夕方。夕日が山頂付近を綺麗に照らしています。見える建物は室堂ビジターです。標高約2,500m付近にあり、国内でも有数の規模を誇…

  9. なつめと金針菜の薬膳スープ

    薬膳や漢方のベースとなっている中国伝統医学では、人の体は「気」「血」「水」のバランスによって構成されていると考えられています。シンプルに言えば、この3つのバランスさえ取れていれば病気にはならないとされています。そして、中でも「気」というのは、人体を構成する最も基本的なエネルギーとされ最も重要なもので…

  10. 白山信仰の旅 北海道河西郡

    白山信仰のルーツを探るため、全国の白山神社を巡る旅。今回は北海道河西郡芽室町です。仕事で北海道の糠平温泉に行くことになり、ちょうど車で行ける距離に白山神社もあったのでお参りしてきました。神殿と拝殿を建立は明治41年と、白山神社の中では新しい部類です。お参りした日は3月15日。温かい日が続き雪もほぼ解…

  11. 植物たちの冬越し エニシダ

    ノース白山の庭で育てているエニシダです。漢字で書くと、金雀児。英語ではBroomです。Broomは箒(ほうき)という意味でもありますが、魔女が空飛ぶ箒にまたがっているあの箒がエニシダであると言われています。ヨーロッパででは、昔からエニシダの枝を実用的な箒として使われていたこともあり馴染み深い植物だそ…

  12. イタリアン創作薬膳

    ノース白山で提供する料理には、イタリアンの調理法を良く取りれています。イタリアンは、ピザやパスタなどをはじめ、日本人に最も馴染みのある洋食の一つであり、シンプルで素材を活かす調理法は和食にも通ずることが多いからです。ジャンルに囚われない形で提供していくので、薬膳の考えに基づいて組み合わせたらどう…

  13. 植物たちの冬越し シャラ

    ノース白山の庭で育てているシャラです。別名は夏椿(ナツツバキ)ですが、これは夏に椿に似た花を咲かせることからその名がつきました。厳密には6月のは咲くので、梅雨の時期ですが、暑くなる7月中旬くらいまで白い花を楽しむことができます。この木の特徴は、幹がスベスベしていることと、樹形が自然ときれいになること…

  14. 植物たちの冬越し 利久梅

    ノース白山の庭で育てている利久梅です。バラ科の落葉性の低木です。時々、利休梅と書かれているので、茶道の祖、千利休との関連のある茶木と思われることもしばしばですが、全く関係ありません。中国が原産で、明治時代に日本に渡来してきました。1月・2月の真冬の間は、雪にすっぽりと覆われ、その姿は全く見えませんで…

  15. ローストビーフサラダ

    養生訓に、節度ある量で、いろいろなものを食べることで、自然とバランスのとれた栄養が摂れ、それが体のバランスを整えることにつながると書いてある通り、私たちはメニューや食材の「組み合わせ」を大事にしています。最近では、カロリー制限だの糖質制限といった〇〇制限が連呼され、あれがダメ、これがダメというやや偏…

PAGE TOP