がっつり食べる薬膳 チキンソテー

食養生メニューとして提供するチキンソテーです。鶏のもも肉をソテー(少量の油やバターで炒める)するという極めてシンプルなものです。熱々の鉄板の上にのせるチキンからは、「ジュー!!」という音がして食欲をそそります。考えてみれば、
美味しいそうと感じるのは、目で見ることだけではなく、音を聞いたり、匂いを嗅いだり、さまざまなことが混ざって生まれるものなので、この「ジュー!!」という音もまた、食欲を奮い立たせる大事な音であります。さて、このチキンソテーですが、正直カロリーは高めです。鶏もも肉の油はもちろん、バターやにんにくを含んだ特製ソースを合わせるため味も濃いめです。これも食養生ですか?と言われたら、皆さんはどう答えるでしょうか。ノース白山の答えは、「イエス」です。「健康づくりはカロリー摂生から。」という風潮には合わないかもしれませんが、これも立派な食養生であると私たちは考えています。食養生のススメを説くある医師は言います。時々食べる「悪食」は人を元気にする。あれがダメ、これがダメでは、それ自体がストレスになって、むしろ良くない、と。味が濃くて、カロリーが高い料理は、しばしば「悪食」のように取り上げられます。しかしながら、節度ある量でたまに食べるくらいであれば、むしろ「良食」になると思います。理にかなっていれば、それは薬膳です。鶏肉は薬膳では、体の「気」を作るという作用に優れています。要は、エネルギーの源になります。さらに、体を温める効果も他の肉よりもあることから、血の巡りや気の巡り、体内の動きを活発にしてくれる優れた食材です。から揚げ、焼き鳥、鶏鍋などが好物な人も多いはずです。時には、大好物なもの、「がっつり食べる」という選択も良しとして、体の中からエネルギーの小爆発を起こすくらいのこともいいのではないでしょうか。ノース白山では、「がっつり薬膳」も提案します。

おすすめ記事

  1. へしこマスカルポーネ
  2. 糀甘酒スコーン
  3. 朝食に「おいしいパン」を。
  4. 雪中のティーツリー
  5. 山ヨモギのシフォンケーキ
  6. 発酵の底力を信じ切る。
  7. 白身魚にはコレ!

関連記事

  1. 女性ホルモンの良薬 西洋ニンジンボク
  2. 収穫した無農薬の大根
  3. 栄養の宝庫 ニンジンの葉
  4. 自家栽培の有機たまねぎ
  5. 中宮温泉でつくる「胃腸の豆腐」
  6. イワナのコンフィ
  7. 白山の恵み イワナ丸ごと
  8. 発酵の底力を信じ切る。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP