植物たちの冬越し マユミ

ノース白山の庭で育てているマユミです。かわいらしい実と秋の紅葉が楽しめるということで、和風の庭木としても有名な木です。漢字では「真弓」と書きますが、これは弓の原料がこのマユミであることに由来します。樹質がとても硬いにもかかわらず、柔軟性があり、ちょうどより撓りを見せるからでしょう。写真は2016年2月12日に撮影したもの。カマキリの顔のようですが、これがマユミの花芽です。移植の際に、だいぶ根を切り、最初はかなり弱っておりましたが、今ではしっかりと根付き、元気さを取り戻しました。
白山麓の北部では、自生するマユミも見かけることもできます。昨年末のプログラムで作ったクリスマス・リースの材料としても、ピンク色の実をつけたこのマユミを使いました。クリスマス・リース作り
庭にあるものは樹高は3メートルほどでしょうか。コニファーや、ヒイラギナンテン、スモークツリーなどもあるので、2016年のクリスマス・リースは100%ノース白山オリジナルのリースも作ろうと思います。

おすすめ記事

  1. へしこマスカルポーネ
  2. 白身魚にはコレ!
  3. 雪中のティーツリー
  4. 山ヨモギのシフォンケーキ
  5. 朝食に「おいしいパン」を。
  6. 糀甘酒スコーン
  7. 発酵の底力を信じ切る。

関連記事

  1. 秋の七草 藤袴
  2. オーストラリアの知名度高き薬草
  3. 生薬の栽培 山茱萸
  4. 食事を意気にする天然皿 朴葉
  5. 蒸留後の黒文字の姿
  6. 香りを食卓に届ける山三つ葉
  7. 中宮温泉でつくる「胃腸の豆腐」
  8. クロモジ育苗中

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP