蒸留後の黒文字の姿

芳香蒸留水についてです。先日よりいくつかオーダーを頂いたので、黒文字の方向蒸留水をつくりました。写真は、その芳香蒸留水を抽出した際のものです。原料となる黒文字を、水蒸気蒸留法で抽出した直後のものです。言ってみれば「残骸」ですが、そこは自生する植物の強さなのでしょうか。ほのかな香りがこの残骸にも残っています。抽出作業も自分たちの手でやっているので、抽出部屋はしばらくクロモジの香りに包まれます。香りは目には見えませんが、その香りを凝縮する草木の姿は目で見えます。抽出後もその香りを残すこの枝葉も、目に見える形で何かに使えないか、ということで、匂い袋などの商品も試作しています。また、これをお風呂でも使える入浴剤代わりにもなれば面白いので、またそれも商品にできた段階で、またお伝えできればと思います。

おすすめ記事

  1. 雪中のティーツリー
  2. 山ヨモギのシフォンケーキ
  3. 発酵の底力を信じ切る。
  4. 白身魚にはコレ!
  5. へしこマスカルポーネ
  6. 朝食に「おいしいパン」を。
  7. 糀甘酒スコーン

関連記事

  1. 植物たちの冬越し ナナカマド
  2. 痛み取る野草 イタドリ
  3. 植物たちの冬越し オオデマリ
  4. クロモジ(黒文字)
  5. 古来の薬草 レモンマートル
  6. 植物たちの冬越し ライラック
  7. 「祝いの木」を身近に マートル
  8. 古来の西洋薬味 チャイブス

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP