胃腸を活発にする参鶏湯

参鶏湯(サムゲタン)です。韓国の代表的な料理であり、まさに薬膳スープです。本場、韓国では丸鶏をそのまま煮込みますが、ノース白山では、より身近な食材を使うことが食養生のテーマなので、鶏肉はスーパーでも安く手に入る手羽元を使っています。この参鶏湯、食養生を実践する上で理にかなったものなので、メニューとして積極的に取り入れたいと思います。
使う主な食材について、薬膳の視点で説明します。スープの素となる水は、飲める温泉である中宮温泉「胃腸の湯」です。また、自家製の塩糀が味を整えます。
もち米 (甘味・微温性) 体を温める、便秘改善
鶏肉 (甘味・温性) 体を温める、体力を回復させる
ネギ (辛味・温性)体を温める、冷え性予防
なつめ (甘味・微温性) 体を温める、気(エネルギー)を補う
松の実 (甘味・温性) 体を温める、滋養強壮
使われる全てに共通しているのが、体を内面から温めるということです。こうした食材を組み合わせていることこそ、参鶏湯と言えば、冷え性予防や改善に役立つ所以です。胃腸の動きを活発にするためには、胃腸を中心としながら体全体とのつながりを意識して、内側からエネルギーが湧き出るように活発にすることです。体を温めることは、冷え性の予防・改善のためにだけにするのではありません。内臓を活発にし、エネルギーを生み、そのエネルギーで体の好循環をつくることにつながります。
参鶏湯はそれ一つで体の好循環をつくれるものです。理にかなうこの優良メニューを、より美味しく、そして楽しい食事になるよう提案します。

おすすめ記事

  1. 糀甘酒スコーン
  2. 発酵の底力を信じ切る。
  3. 山ヨモギのシフォンケーキ
  4. 雪中のティーツリー
  5. 白身魚にはコレ!
  6. 朝食に「おいしいパン」を。
  7. へしこマスカルポーネ

関連記事

  1. 健康づくり茶 妙木クロモジ
  2. 胃腸のしょうゆ糀の活用法 プルコギ
  3. イワナのコンフィ
  4. 彩り野菜に発酵食品を
  5. 夏野菜の食養生 田楽味噌
  6. 食事を意気にする天然皿 朴葉
  7. 名酒「手取川」
  8. 気巡りを良くする妙薬 玫塊花

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP