日本固有種 足摺野路菊

ノース白山の庭で育てている足摺野路菊です。漢字で書くと読みづらいですが、呼び名は「アシズリ・ノジ・ギク」です。高知県の足摺岬~佐田岬に咲く野路菊の変種で、アジア・ヨーロッパを中心に約40種あるキク属の中でも珍しい日本産です。
野路と言きくと、山野をイメージされがちですが自生するのは海岸です。もともと海側に育つ品種を、あえてこの里山で育てることは、当初は難しいと思っていましたが、園芸の先生からの「これは強いから大丈夫」という言葉通り、しっかりと根づき、無事に花が咲きました。
開花時期は11月~2月です。背丈も15cmほどで、全体的に小ぶりで、決して目立つ存在ではありませんが、白く縁取られた葉や、その上に乗るように咲く花が、静かな趣を感じさせてくれます。

おすすめ記事

  1. 糀甘酒スコーン
  2. 雪中のティーツリー
  3. 白身魚にはコレ!
  4. へしこマスカルポーネ
  5. 発酵の底力を信じ切る。
  6. 朝食に「おいしいパン」を。
  7. 山ヨモギのシフォンケーキ

関連記事

  1. 植物たちの冬越し コブシ
  2. 青き美しき薬草 ボリジ
  3. 15年目で初開花 マユミ
  4. 防虫効果の高いタンジー
  5. 植物たちの冬越し ホオノキ
  6. 植物たちの冬越し シャラ
  7. 天然の土地改良剤「燻炭」
  8. ”風を知る草” その名も風知草

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP