薬草浴 ヨモギ・スギナ

ノース白山が提案する薬草浴です。今回はヨモギとスギナのブレンドのものです。写真は鍋で煮出ししているところです。水1リットルに、ヨモギはティーパック1個分、スギナは2つかみ程です。15分程煮出すと、かなりエキスが出て、色も変わりますので、それを浴槽にそのまま入れます。ヨモギ・スギナともに、純白山麓産です。摘み取り、水洗い、天日干し、袋詰め、販売まで、全ての工程を私たち自身で行っています。どこで採集し、どういうプロセスで商品化しているかなど、全てオープンにやっていますので、安心して使って頂けるかと思います。ヨモギは、韓国発の健康法「ヨモギ蒸し」などでも使うように、体を温める作用に優れています。スギナは、体の中の老廃物を外に出す利水・利湿作用に優れています。
今のように薬がない時代に、一般的な生活の知恵として使っていた物なので、効能がこう、効果がこうと難しい科学用語を並べるよりも、実際に使ってみるほうが良いのが民間療法の特徴です。私たちも薬草店に行った際、こう言われました。、「実際に3週間くらい使ってみて、ダメだったら変えればいい。薬草はたくさんあるし、体への作用も薬よりも穏やかだから、いろいろ試しながら合ったものを見つけてもいいと思います。薬じゃなくて、食べ物みたいなものですから」。あれこれ試しながら、自分の体に合った調整法を見つけること。特に、お風呂は毎日入る方も多いと思いますので、日々のセルフケアとして、ヨモギ・スギナを使った薬草浴は良いアプローチかと思います。

おすすめ記事

  1. 山ヨモギのシフォンケーキ
  2. へしこマスカルポーネ
  3. 発酵の底力を信じ切る。
  4. 朝食に「おいしいパン」を。
  5. 雪中のティーツリー
  6. 糀甘酒スコーン
  7. 白身魚にはコレ!

関連記事

  1. 良薬・西洋ニンジンボクの花
  2. ジビエシュウマイ
  3. クコの花
  4. 胃腸のニンニクしょうゆ糀
  5. 痛み取る野草 イタドリ
  6. 胃腸のしょうゆ糀の活用法 プルコギ
  7. 2泊目朝食は洋食スタイルにも。
  8. 古来の西洋薬味 チャイブス

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP