痛み取る野草 イタドリ

白山麓に自生する山菜、イタドリです。漢字で書くと、「痛取」です。若葉を摘んで擦り傷など出血したところに擦り込むように塗ると、止血作用で痛みを和らげることから、痛みを取る、そして痛取となりました。
民間薬としても、昔から使われている植物です。冬になって、地上部が枯れた頃に根っこを採取して、天日干しにしたものを生薬名で「虎杖根(こじょうこん)」と言い、緩下・利尿作用がある薬に利用されてきました。最近では、「膝の痛みにイタドリが良い」とメディアでも取り上げられるようになり、その不思議な効能にますます注目が集まっています。
ノース白山で提供するイタドリの料理では、天ぷらとして提供することが多いです。山菜なので、含まれる有効成分が壊れにくい調理法を選んでいます。ただ、このイタドリは様々な調理法があるので、アク抜きをしてから、炒め物や煮物、あるいはジャムにすることも出来ます。
ネットでイタドリの調理法を見ると、やはり身近な山菜らしく、その土地独特の食べ方、調理法なども多くあり、食用としては無限にアイデアが浮かびそうです。

おすすめ記事

  1. へしこマスカルポーネ
  2. 雪中のティーツリー
  3. 発酵の底力を信じ切る。
  4. 糀甘酒スコーン
  5. 白身魚にはコレ!
  6. 朝食に「おいしいパン」を。
  7. 山ヨモギのシフォンケーキ

関連記事

  1. 生薬にもなる秋の七草 女郎花
  2. 食養生の原点 大根餅
  3. イタリアン創作薬膳
  4. 胃腸の湯を使った蒸籠蒸し
  5. 禅庭花を食す
  6. 春野菜の塩糀パスタ
  7. 斑入りヤブラン
  8. 彩り野菜に発酵食品を

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP