消化不良の良薬 山査子(サンザシ)

ノース白山本部で育てる薬用植物「山査子(サンザシ)」です。10月も後半となり、赤いリンゴのような実をたくさんつけました。今年は栽培初年度ということもあり、果実の総重量は130gです。サンザシはバラ科サンザシ属の落葉低木です。大きくなっても1.5mほどです。見た感じ、ナツメの木に似てるでしょうか。トゲはないですが、真っ赤な実をみるとナツメと間違えそうになります。生薬名としても、その名は「山査子」です。これは、10月頃に完熟少し手前の果実を天日干しにしたものです。生薬としての山査子は、健胃、整腸作用があり、消化不良・食欲不振、下痢の際によく使われます。特に胃酸を分泌させる作用があるので、油っこいものを食べた後に起こる胃もたれや、消化不良に適しているとされています。漢方としても「加味平胃散」「啓脾湯」にも使われていますし、胃腸を整えるという点では、昔からその効能が認められています。食べ物としても、サンザシ茶やドライフルーツ、果実酒としていろいろと使われます。

◆サンザシ茶
 サンザシ:約5g
 水   :300cc
 
<作り方>
1、水400CCを、沸騰させます。
2、沸騰したお湯に、サンザシをいれます。5分経ったら、完成です。(濃さはお好みで)お好みでハチミツや黒砂糖を入れても良いです。 

1日3回、食後30分以内に飲むと、胃もたれは消化不良が改善します。
今回、ノース白山で育てるサンザシの果実はジャムにしようと思います。来年はもっと果実がなりますので、ジャムの他にサンザシ茶やサンザシ酒として提供予定です。

おすすめ記事

  1. 雪中のティーツリー
  2. へしこマスカルポーネ
  3. 白身魚にはコレ!
  4. 山ヨモギのシフォンケーキ
  5. 糀甘酒スコーン
  6. 発酵の底力を信じ切る。
  7. 朝食に「おいしいパン」を。

関連記事

  1. ワインに合う発酵食デザート
  2. イタリアから柑橘の香り ベルガモット
  3. 排膿力に優れた生薬 連翹
  4. 「大」という字の奥行感 大文字草
  5. クコの花
  6. 名酒「手取川」
  7. ローストビーフサラダ
  8. 体の”湿”を取るカボチャの小豆煮

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP