中宮温泉粥

中宮温泉「胃腸の湯」で炊いた温泉粥です。

少し色がついているのが特徴です。
この色は温泉成分です。

白山麓産の米にこの温泉を入れて、
じっくりと炊くだけという極めてシンプルなものですが、
白山のパワーとご利益が詰まった究極の料理です。

では、なにが究極であるのか?
その理由は、白山の歴史そのものであります。

中宮温泉は、
白山開山の祖である泰澄大師が発見して以来、
1,300年もの間、耐えることなく湧き出ています。
しかも、それが加水も加熱もせず、飲泉できます。

これは、白山という神が、
私たちに与えてくれた贈り物である、
としか言いようがありません。

もちろん、
科学的には「炭酸水素塩泉」として、
その効能などについて金沢大学などでによる
正確な分析もされています。

ただ、科学的にどうこう言うレベルを超えて、
数百年も前から、人から人への伝承でその良さが広まり、
利用され続けていることこそ、
この温泉に入り、飲めば、心身ともに元気になる!
ということの証明ではないでしょうか。

私たちは、
この白山からの究極の贈り物を、
自然のままという形で、
極めてシンプルに温泉粥として提供します。

おすすめ記事

  1. 発酵の底力を信じ切る。
  2. 朝食に「おいしいパン」を。
  3. 白身魚にはコレ!
  4. へしこマスカルポーネ
  5. 山ヨモギのシフォンケーキ
  6. 糀甘酒スコーン
  7. 雪中のティーツリー

関連記事

  1. 栄養の宝庫 ニンジンの葉
  2. 胃腸のニンニクしょうゆ糀
  3. 2泊目朝食は洋食スタイルにも。
  4. 自家製山ヨモギパン
  5. 自家栽培の有機たまねぎ
  6. へしこマスカルポーネ
  7. 薬膳の代名詞 杏仁豆腐
  8. 中宮温泉でつくる「胃腸の豆腐」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP