2015年 10月

  1. 女性ホルモンの良薬 西洋ニンジンボク

    ノース白山の庭で育てている西洋ニンジンボクです。シソ科の落葉低木で、高さは2〜5mほどになります。夏の終わり頃に咲く淡紫色の円錐花序の花や、季節によって緑や紫に変わる葉の色が庭の景色に彩りを与えてくれます。写真は、秋に色づいた葉をアップにしたものです。緑がかった薄紫色とでも言うんでしょうか。なんとも…

  2. 薬草浴 ヨモギ・スギナ

    ノース白山が提案する薬草浴です。今回はヨモギとスギナのブレンドのものです。写真は鍋で煮出ししているところです。水1リットルに、ヨモギはティーパック1個分、スギナは2つかみ程です。15分程煮出すと、かなりエキスが出て、色も変わりますので、それを浴槽にそのまま入れます。ヨモギ・スギナともに、純白山麓産で…

  3. 現の証拠 ゲンノショウコ

    ノース白山の庭で育てているゲンノショウコです。タイトルにもある通り、「現の証拠」と書きます。胃腸に実際に(現に)効く証拠である、というのが名前の由来です。「イシャイラズ(医者いらず)」という別名もあります。ドクダミ、センブリとともに「日本三大民間薬」として名を連ね、生薬界で大変有名な植物です。さらに…

  4. 防虫効果の高いタンジー

    ノース白山の庭で育てているタンジーです。写真は2015年10月24日に撮影したものです。今年初めて植えた植物ですので、花を見るのは初めてです。茎を大きく長く伸ばし、頭状花を10個程つけて、その鮮やかな黄色も映えてよく目立ちます。お世辞にも良い香りとは言えませんが、意外なほどに防虫効果・防腐効果が…

  5. 食べる胃腸の薬 ルバーブ

    ノース白山の庭で育てているルバーブです。日本では流通量はまだまだ多くはありませんが、食用として、今後の注目株の一つである植物です。薬用としての効果があり、とりわけお腹に効くというのがその理由です。ルバーブの和名を聞くと、その薬効にも頷けます。その名も「食用大黄(だいおう)」です。大黄は古くから広…

  6. 痛み取る野草 イタドリ

    白山麓に自生する山菜、イタドリです。漢字で書くと、「痛取」です。若葉を摘んで擦り傷など出血したところに擦り込むように塗ると、止血作用で痛みを和らげることから、痛みを取る、そして痛取となりました。民間薬としても、昔から使われている植物です。冬になって、地上部が枯れた頃に根っこを採取して、天日干しに…

  7. 天日干しのレモングラス

    レモングラスについての2回目の記事です。前回は「レモングラスは認知証予防に効果的である」という内容でした。今回は、そのレモングラスが食用になるまでの大事な工程の一つである「天日干し」についてです。写真は、自分たちで育てているレモングラスを、天日干しにしている様子です。2015年10月20日に撮影しま…

  8. 古来の薬草 レモンマートル

    ノース白山の庭で育てているレモンマートルです。この植物、名前の通り、香りはレモンそのものです。むしろ、レモン以上にレモンと言っても良いかもしれません。レモンの香り成分である「シトラール」を、レモンよりも多く含むのが理由です。レモンマートルは学類としては、フトモモ科です。柑橘系類ではありません。にもか…

  9. 消化不良の良薬 山査子(サンザシ)

    ノース白山本部で育てる薬用植物「山査子(サンザシ)」です。10月も後半となり、赤いリンゴのような実をたくさんつけました。今年は栽培初年度ということもあり、果実の総重量は130gです。サンザシはバラ科サンザシ属の落葉低木です。大きくなっても1.5mほどです。見た感じ、ナツメの木に似てるでしょうか。トゲ…

  10. 究極の薬草 スギナ

    「ツクシ誰の子、スギナの子」と昔からよく唄われていましたが、ツクシとスギナは同じ植物です。ツクシは薄茶色、スギナは緑色で全く別の植物に見えますが、どちらも同じ地下茎から成長します。ツクシは胞子茎であり、繁殖のために、スギナな成長茎であり、成長のために地上にその姿を現します。ノース白山では、幸いに…

  11. 胃腸の湯を使った蒸籠蒸し

    蒸籠(セイロ)蒸しです。白山麓の野菜を蒸籠に入れ、中宮温泉水の蒸気で約10分間蒸します。調理法はこれだけです。極めてシンプルにすることで野菜の旨みをそのまま頂けます。使う野菜はその季節によって異なりますが、白山麓で採れる旬なものを選んでいます。薬膳の考えに基づく食養生の基本は、季節の移り変わりに素直…

  12. 胃腸に効く麻婆豆腐

    ノース白山が提案する食養生は、言ってみれば「攻めの食養生」です。麻婆豆腐もまさにその一つ。味も濃いめで辛い麻婆豆腐も、心身の健康につながる食養生として積極的に提案しています。ノース白山がつくる麻婆豆腐の食材1 「胃腸の湯」中宮温泉の源泉2 自家製塩麹(発酵食品)3 白山麓味噌(発酵食…

  13. ジビエシュウマイ

    猪肉を入れた焼売(シュウマイ)です。白山麓ならではのジビエ料理の一つです。豚肉・牛肉・猪肉をフードプロセッサーで合挽き状にしてから、きのこ類、ネギ等と一緒にしてタネにしています。蒸す際の水は、もちろん飲める温泉、中宮温泉水です。専用の蒸篭(せいろ)を使い、じっくりと蒸します。猪肉は、薬膳の視点で…

  14. 秋の七草 藤袴

    ノース白山の庭で育てている藤袴(フジバカマ)です。キク科の多年草で、「秋の七草」の一つです。10月~11月に小さなピンクの花をたくさん咲かせます。派手さはないですが、郷愁を誘うようなその姿で、日本人にとっては古くから親しみのある花であり、万葉集にも読まれています。小さくてかわいい花とは対照的に、地下…

  15. 腸の善玉菌を増やす!自家製の塩糀

    ノース白山オリジナルの塩糀です。糀菌となる米は白山麓・鳥越産の山田錦を、水は、中宮温泉「胃腸の湯」を、そして、まろやかな味にまる能登産の塩を使っています。塩糀が健康に良い万能調味料としてブームになって久しいですが、今一度この素晴らしき和の発酵食品の特徴を書きます。複雑で奥深い美味しさに塩…

PAGE TOP