白山麓の山菜 こごみ

独特の渦巻状が最大の特徴であるこごみ。山菜の中では最も身近な一つではないでしょうか。写真は中宮温泉の近くで自生するものです。正式にはイワデンダ科クサソテツの若芽をこごみと呼び、昔から春〜初夏の山菜として食用されています。薬膳としてのこごみの作用を一言で言うと、体に溜まった老廃物を出す=解毒の作用です。
アクも少ないので、少量であれば生でも食べれるくらいです。旬は5月〜6月初旬ですが、保存もきちんとして、通年でメニュー提案します。

おすすめ記事

  1. へしこマスカルポーネ
  2. 朝食に「おいしいパン」を。
  3. 山ヨモギのシフォンケーキ
  4. 糀甘酒スコーン
  5. 雪中のティーツリー
  6. 発酵の底力を信じ切る。
  7. 白身魚にはコレ!

関連記事

  1. 胃腸のおぜんざい
  2. 斑入りヤブラン
  3. 温泉水でつくる手作り味噌
  4. 胃腸のニンニクしょうゆ糀
  5. 鬼ぐるみの凄み
  6. 胃腸を元気にするオードブル
  7. 新商品 白山鬼ぐるみ
  8. 中宮温泉でつくる「胃腸の豆腐」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP